XMにはマイクロ口座、スタンダード口座、ゼロ口座の3種類があります。

初めてXMで口座を開設する方にとってはどの口座を選べば良いのか混乱するかと思いますので、3種類の口座について詳しく解説します。l

まずは3つの口座の概要から

マイクロ口座 スタンダード口座 ZERO口座
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
1ロットの単位 1000通貨 100,000通貨 100,000通貨
最大取引量(ロット) 100ロット 50ロット 50ロット
最小取引量 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット
最大ポジション保有数 200ロット 200ロット 200ロット
取引手数料 無料 無料 片道1ロット/5ドル
スプレッド 1.0pips~(変動) 1.0pips~(変動) 0pips~(変動)
ゼロカット あり あり あり
最低入金額 5ドル 5ドル 200ドル
ボーナス 口座開設

入金ボーナス

ロイヤリティプログラム

口座開設

入金ボーナス

ロイヤリティプログラム

口座開設
取引通貨ペア数 57 57 56

大きく異なるのは口座では取引手数料が別途必要になる、と言う点です。
こう見るとZERO口座は不利に見えますが、その分だけスプレッドが狭いです。

また、3つの口座に共通する点としては以下の2つです。

・ハイレバレッジで取引できる
・ゼロカットが備わっている

この2点はXMのアイデンティティでもありますね。
それでは各口座について詳しく見ていきましょう。

マイクロ口座

マイクロ口座はFX初心者向けの口座になります。

1ロットが3つの口座の中で唯一1000通貨となっており、最低取引枚数が0.01ロット(10通貨)と非常に低リスクで取引することができます。

そのため、あまりトレードでリスクを取りたくない方にオススメです。
しかし、最大取引量が10万通貨となりますので、XMの醍醐味であるハイレバレッジを活かしたトレードはやりにくいです。

あくまで最初のステップとしてマイクロ口座をオススメします。
(口座開設後、他のタイプの口座を開設することも可能です)

また、マイクロ口座はXMのボーナスをフルで受け取ることが出来ます。

スタンダード口座

スタンダード口座とマイクロ口座の違いは1ロットが10万通貨になり、最低取引量と最大取引量の額が大幅に上がるだけで、それ以外に違いはありません。

スタンダード口座は最大レバレッジ888倍&ゼロカットの恩恵を最大限に受けられ、さらには3種類のボーナスをフルに受け取ることが出来ますので、一番人気の高い口座となります。

国内業者である程度取引経験がある方なら、スタンダード口座をオススメします。

Zero口座

3つの口座の中で一番異色を放つのがZero口座です。

ZERO口座は1ロット(10万通貨)の取引ごとに片道5ドルの手数料がかかります。
しかし、スプレッドは他の2つの口座と比べると圧倒的にスプレッドが狭いです。

またZero口座は最大レバレッジが500倍とマイクロ口座やスタンダード口座と比べると低めの設定の上に「入金ボーナス」や「ロイヤリティプログラム」がありません。

そのためボーナスをガンガン使いながらハイレバトレードをするのには使えませんが、低コストでスキャルピングをやりたい方にはオススメの口座になっています。

目的によって口座を使い分けるのもアリ!

以上、XMの3つの口座について開設でした。

XMは1つ口座を持っていたら、その後他のタイプの口座を追加することが出来ます。
(最大で8つまで)

そのため、最初はマイクロから初めて、次はスタンダード・・・とステップアップすることも可能です。

ちなみに私はスタンダード口座でスイングトレードを行い、Zero口座でデイトレやスキャルをやっています。複数の口座を自分の取引スタイルや手法によって上手に使い分けることで、低コストのトレードが出来るようになります。

このような利用方法ができるのもXMの魅力の一つですね。

XMでトレードしませんか?