為替市場は証券市場と違い、週末を除けば24時間全世界で取引されているため各国の祝祭日であっても取引が行われています。

しかしながら、祝祭日はマーケット参加者が少ないため、相場の動きが小さくまた突発的な動きをすることもあると言われています。

特に大きな取引がある国が祝日で休場の日は、小さな動きになります。

とあるFXの書籍の中にも「祝祭日はトレードを控える」というものがありましたので、やはり祝祭日はトレードしづらい相場なのかもしれません。

祝祭日のトレードはどうするべきか?

私は主に15時から25時までがトレード時間なので、日本含めアジアの祝祭日はまったく気にしていません。

しかし欧米の祝祭日に関しては、エントリー条件を少し厳しくしたりLot数を減らしてトレードを行います。

昔は祝祭日はトレードしていなかったのですが、自分のトレードルールを確立してから過去の祝祭日における勝率を検証しました。

すると平日との勝率の違いはなかったのです。
それからは祝祭日でも変わらずトレードをするようになりました。

祝祭日に限らずアノマリーなど、為替市場についての定説は色々とありますが、トレードスタイルによって影響を受けるもの受けないものがあると思います。

それらを鵜呑みにするのではなく、まずは自分のトレードに影響があるのかを検証してみることをお勧めします。

それによって自信をもってトレードを執行できるようになるはずです。

為替相場の3大市場について

最後に為替相場の取引時間についておさらいしたいと思います。

世界三大市場といわれる、東京、ロンドン、ニューヨーク市場の取引時間は以下のようになっています。

東京市場:9:00~15:00
ロンドン市場:16:00~24:30
ニューヨーク市場:21:00~5:00

※上記は夏時間です。冬時間の場合は+1時間となります。
※全て日本時間で表記しています。

私のトレード時間は主には15前後から25時くらいまでです。
ロンドン市場とニューヨーク市場の前場くらいまでということですね。
結果として私が意識するのは英国とアメリカの祝祭日ということになります。

おすすめの記事