前回の記事ではプロスペクト理論と損失回避型のお話をしました。

プロスペクト理論の一つの中に、人は損失を回避したいと思う気持ちが強い、というものがあります。確かにリスクを受け入れる心構えがないために、なかなか勝てるトレーダーになれない人も多いです。

実際に私の知人にこんな人がいました。

その知人のトレード歴は10年。
色々な手法も知っていて、テクニカル分析の精度も高くて、良いチャート分析が出来きる人です。
ですが、「ここぞ!」というところで躊躇してエントリー出来ずに勝ちトレードを見逃してばかり・・・なのです。

彼はそれまでに負けすぎたせいか、極端に損切りになることを嫌っていました。
いや、恐れていたと言った方が良いですね。

私はそんな彼にとあるアドバイスをしました。

負けトレードになると思ってエントリーしろ!

とりあえず私は知人のトレーダーに「このトレードはどうせ負けると思ってトレードしろ!」とアドバイスしました。

エントリーチャンスが来たら、このトレードは「負けになる」と確信してエントリーするのです。
そして結果が出る前に、トレードごとにつけているトレード記録表の勝ち負け欄に「負け」と入力しておきます。

こうすることで、負ける事を前提にトレードをしているので損切りになっても精神的なダメージは大して大きくありません。逆に勝ちトレードになったら「え?」と驚くようになります。

コレを続けた彼は、徐々にではありますが、「損切りを受け入れる心構えができるようになった」と言っていました。

エントリーするとき、心の奥には「勝てるだろう、勝ちたい」という希望があるものです。
その希望があるから、損切りに合ったときにストレスになるのです。

そうであるならば、最初から希望を持たなければいい。というトレーニングです。
かなり効果があるのでぜひお試しください。

そもそも損失は避けられない

FXトレードにおけるリスクとは、損切りに合うことです。
損切りによって損の大小はコントロールできますが、損を出さないようにすることは出来ません。

そのため、トレードの結果で一喜一憂しないよう損を受け入れる心構えが必要です。

どのようなビジネスでも、必ずコストはかかります。
初期投資が少なく、利益率が高いといわれるネットビジネスでもコストは発生します。

トレーダーとして勝つためには、トレードをビジネスと捉える必要があります。
そしてビジネスであれば必ずコストは発生します。

そのコストとは、インターネット環境を作るための費用やFX業者のスプレッドもそうですが、一番はトレードで発生する損です。トレードはビジネスであり、損切りはコストであることをまず受け入れるべきです。

おすすめの記事