私はトレードを行う上でダウ理論を重視しています。

そのため、直近高値安値や、サポートライン・レジスタンスラインをブレイクしたかどうかという判断は、非常に重要な要素になります。

サポートラインやレジスタンスラインは、抜けたと思っても戻ってきたり、まだ抜けていないかなと思っていたら、そのまま突き抜けて行ったりと判断に迷うことが多いです。

そこで今回はサポレジをブレイクしたと判断する方法ご紹介します。

サポレジブレイクの判断方法

トレーダーによって、ブレイクしたとみなす根拠は色々あると思いますが、私がブレイクしたか否かを判断するうえで、重視しているポイントは2点あります。

  • ロウソク足の終値でサポート・レジスタンスを抜けること
  • パッと見て視覚的に超えたなと思えるかどうかということ

「こうなったら必ずブレイクする!」という基準はありません。

結局は、チャートを見ている世界中の人達が「これは抜けた!」と思っているかどうかが重要です。そのため少し抜けたくらいではブレイクしたとは判断しないようにしています。

参考までにチャートで解説します。

上の赤いラインがレジスタンス、下のラインがサポートラインです。
それまでの流れとしては、上昇トレンド後にレンジが続き上下にラインが引けるようになりました。

そして白い丸のポイントでブレイクしたと見なします。
ブレイクと見なす前にもレジスタンスラインを終値でブレイクしているポイントはありますが、この時は少し上ヒゲが気になったので「明確なブレイクじゃない」と考えて見送っています。

もちろん、日足の場合は足の確定を待たずにブレイクしたと判断することもありますが、基本的には終値で超えることと、パッと見て超えていると思えるかどうかを重視しています。

ブレイク判断に絶対はない

上記のブレイク判断のやり方は、あくまで私のスタイルですので、絶対的な正解ではありません。

また、これだとブレイクの初動に乗ることが出来ません。
タートルスープのようにブレイク後にすぐにレートが戻ってくる場合には大きめの損失を出すこともあります。

しかし、しっかりとブレイクを見極めるためにダマシに合う確率は下がります。

繰り返しになりますが、意識すべきは他のトレーダーもブレイクしたとみなしているかということです。この点を忘れずに、自分なりのブレイクの判断を磨いていくと良いと思います。

あなたは今のFX業者に満足していますか?

FXをやるならハイレバレッジ&ゼロカットのXMで効率よく稼ぎましょう。

当サイトよりXMの口座開設をされますと、私の利用しているオリジナルエントリーサインツールを差し上げます。

⇒XMの詳しい解説
⇒エントリーサインツールの詳細
⇒XMの口座開設方法について

おすすめの記事