サポートラインとレジスタンスラインの使い方に関する解説です。

サポートラインとレジスタンスラインの説明に関してはこちらの記事を参考にしてください。

サポートラインは押し目買いに使い、レジスタンスラインは戻り売りで使うことになるのですが、ひとつ注意しなければならない点があります。

それは、サポート・レジスタンスラインは各時間軸内のみで完結させるということです。

違う時間足のサポレジラインは表示させない!

私は日足、4時間足、1時間足の相場状況を見て、15分足(場合によっては1時間足も)でトレードを執行するデイトレーダーです。

基本的には大きな流れに沿ってトレードするオーソドックスな手法でトレードしています。

例えば、日足の重要なレジスタンスラインがあるとします。

そのラインに価格が差し掛かった時にはショートを狙うことになるのですが、15分足にその日足のラインを表示させてはいけません。

なぜなら、日足で引けるラインはあくまで日足でのみ有効なラインだからです。

15分足には15分足のサポートラインやレジスタンスラインがあります。
同じく4時間足には4時間足の、1時間足には1時間足のサポートラインやレジスタンスラインがあります。

上記の状況にあったとき、日足のレジスタンスラインを15分足に表示させてしまうと、15分足チャートを見ていてそのラインに価格がタッチし、その後陰線で引けたとするとショートをしたくなります。

これが間違いです。

日足は一日の値動き全てが含まれます。
日足のレジスタンスラインを15分足が一時的にブレイクしたとしても、一日が終わったときには、ラインの下で引けていたこともあるのです。

15分足レベルでは日足のラインを跨いで動くことは良くありますので、日足のレジスタンスラインに価格が差し掛かった時には、ラインのタッチでエントリーするのではなく15分足レベルで下降トレンドに転換するのを待ってから、エントリーを狙うようにしましょう。

日足と15分足だけではなく、4時間足も1時間足も同様です。各時間足で引けるラインは、その時間足のみで完結させて下位の時間足には表示させないようにしましょう。

これにより無駄な負けトレードが回避できるはずです。

複数の時間足のサポレジを見たい場合は?

上記のやり方では、一つの時間足にその時間足のみのサポレジラインしか表示することができません。

では、複数の時間足のサポレジを確認する場合はどうしたらいいのでしょうか?
これは言うまでもなく日足、4時間足、1時間足のチャートも一緒に並べて表示するのです。

こうすることで大きな流れから徐々に細かい流れを見ることが出来ます。

「複数のチャートを表示するとモニターを占領する!」
という人もいますが、トレードで有利になるのであれば、モニターを増設すべきですし、私はそうしています。

あなたは今のFX業者に満足していますか?

FXをやるならハイレバレッジ&ゼロカットのXMで効率よく稼ぎましょう。

当サイトよりXMの口座開設をされますと、私の利用しているオリジナルエントリーサインツールを差し上げます。

⇒XMの詳しい解説
⇒エントリーサインツールの詳細
⇒XMの口座開設方法について

おすすめの記事