あなたはどれくらいの通貨ペアをトレード対象としていますか?

トレードの通貨ペア数については、ポジションの保有時間やトレードスタイルによって人それぞれだと思いますが、デイトレーダーの私は6通貨ペアを監視しています。

トレード対象の通貨ペアは多ければ多いほど良いわけではありません。
今回はトレード通貨ペアの数が多くなることのメリットやデメリットについて解説したいと思います。

トレード通貨ペアが多くなる事のメリットやデメリット

メリット

監視する通貨ペアを増やす一番のメリットは、トレードチャンスが増えるということにあります。

例えばドル円だけでトレードしているとして、毎月トレードチャンスが10回程度ある手法の場合、トレード対象の通貨ペアを1つ増やすだけで、理論上はトレードチャンスは2倍になります。

3つに増やせば3倍になるわけで、しっかりと優位性のある手法で取引しているのであれば、トレードから得られる利益も3倍になります。

デメリット

トレード通貨ペアが多くなる事によるデメリットは二つあります。

  • 各通貨ペアごとの相場の状況が瞬時に把握できなくなる
  • 相関性が高いと思われる通貨ペアの動きに惑わされエントリーを躊躇してしまう

各通貨ペアごとの相場の状況が瞬時に把握できなくなる

複数の通貨ペアを同時に監視する、というのは脳のメモリを沢山消費します。

なぜなら、チャートを見ていなくても、自分がトレード対象としている各通貨の相場状況やトレードプランを思い浮かべることが出来る状態をキープする必要があるからです。

もし急にエントリーチャンスがきた場合、アタフタしてせっかくの機会を逃がしてしまってはいけません。そのため監視する通貨ペアの数は、自分が把握できる数に留めておくべきです。

相関性が高いと思われる通貨ペアの動きに惑わされエントリーを躊躇してしまう

そしてもう一つのデメリットは、相関性が高いと思われる通貨ペアの動きに惑わされエントリーを躊躇してしまうことです。

例えば、ドル円、ユーロ円、ポンド円をトレード対象としていた場合に、ポンド円でロングのチャンスが来たとします。

そのときドル円とユーロ円では、ショートが有利な価格の動きをしていたとしたらその動きに影響され、ポンド円をロングすることを躊躇してしまうことがあります。

ドル円やユーロ円が下げて要るのなら、ポンド円も下げるのではないか?
と勝手に決めつけて、ロングするのが難しくなるわけですね。

きっと複数の通貨ペアで取引したことがある方なら経験があると思います。

上手に複数通貨ペアと付き合おう!

通貨ペアを増やすとデメリットもありますが、やはりメリットも捨てがたいです。

まずは自分が把握できる数で、そして複数の通貨ペアを選ぶのであれば、相関性が低いと思える通貨ペアから始めるのが良いと思います。

そして利益が上がるようになったら、徐々に増やしていきましょう。

あなたは今のFX業者に満足していますか?

FXをやるならハイレバレッジ&ゼロカットのXMで効率よく稼ぎましょう。

当サイトよりXMの口座開設をされますと、私の利用しているオリジナルエントリーサインツールを差し上げます。

⇒XMの詳しい解説
⇒エントリーサインツールの詳細
⇒XMの口座開設方法について

おすすめの記事