マルチタイムフレーム分析とは、複数の時間軸で価格の動きを確認してからエントリーの方向を決めて、トレードを行う相場分析法です。

私はこのマルチタイムフレーム分析を勉強し、実践するようになってからトレードで勝てるようになりました。

もともとはあるFX情報商材を購入したときに、この分析法を知ったのですが私が買ってよかったと思ったFX商材には全て、この分析法が組み込まれていました。

人によっては「マルチタイムは意味が無い」という人もいますが、大きな流れから細かな流れを見ていくマルチタイムフレーム分析は必須だと思います。

今回はマルチタイムフレーム分析の具体的なやり方について説明したいと思います。

マルチタイムフレーム分析のやり方

私は15分足と1時間足をトレード足とするデイトレーダーです。

その前提で説明していますので、トレード足やトレードスタイルが異なる場合は確認する時間軸が変わってきますので、その点ご注意ください。

まずトレードする前に、トレード足の上位足である日足と4時間足、1時間足を確認します。そこで確認することがあります。

  • それぞれの時間足は上昇トレンドか下降トレンドか横ばいか
  • 重要な節目となるサポート・レジスタンスラインに差し掛かっているか

この2点です。

これによってトレード足でのエントリーする方向とタイミングを決めることになります。
例を出していきましょう

例1

日足が上昇トレンドで重要なレジスタンスラインまでは来ていない状況で、4時間足、1時間足も上昇トレンドだったとします。

するとロングが有利な局面と判断していますので、15分足ではロングのみを狙うことになります。

例2

日足がレンジで4時間足は下降トレンド、1時間足は上昇トレンドだったとします。

上位足の方向感がバラバラですので、15分足ではレンジを意識したサポート・レジスタンスからの逆張りトレードを狙うか、その通貨ペアでのトレードは見送るかのどちらかになります。

このような状態の時はトレードの優先順位は下がります。

マルチタイムフレーム分析を行うメリット

上記の2例からも分かりますように、マルチタイムフレーム分析を行うメリットは3つあります。

  • トレードする通貨ペアの優先順位を決められる
  • マルチタイムでのサポレジラインが分かる
  • エントリーする方向や利食いポイントが明確になる

言ってみれば、トレードプランが立てやすくなるというところでしょうか。

複数の通貨ペアでトレードする際は、一番トレードしやすい通貨ペアを選ぶのが鉄則です。わざわざ難しい通貨ペアで奮闘する必要なんてありません。

マルチタイムフレームなら、トレンドが出やすい、トレードしやすい通貨ペアを選択して、その状況に応じて適切なエントリーが出来るようになるので、結果として勝ちやすくなるのです。

マルチタイムフレーム分析を極めるには検証と練習が必要

拙い説明で恐縮ですが、マルチタイムフレームについて少しでもイメージを持てましたでしょうか?

マルチタイムフレーム分析は、複数の時間足を見ていきますので、練習や検証は必要です。すぐにできるようになるモノでもありませんが、意識してやっていけば自然と身につく技術でもあります。

マルチタイムフレーム分析を行えば、必ず勝てるようになるとは言いませんが少なくとも私は、これがきっかけでトレードが変わったと思っています。

トレード手法が固まっていない方は、是非マルチタイムフレーム分析をご自身の手法に組み込んでみてはいかがでしょうか?

あなたは今のFX業者に満足していますか?

FXをやるならハイレバレッジ&ゼロカットのXMで効率よく稼ぎましょう。

当サイトよりXMの口座開設をされますと、私の利用しているオリジナルエントリーサインツールを差し上げます。

⇒XMの詳しい解説
⇒エントリーサインツールの詳細
⇒XMの口座開設方法について

おすすめの記事