XMで採用されているトレードツールはMT4(メタトレーダー4)になります。

MT4はロシアのメタクォーツ社が開発したトレード専用ソフトで、世界シェアナンバーワンです。

一体何がそんなに受けているのかと言いますと、そのカスタマイズ性と自動売買機能にあります。ここではその二つについて解説していきます。

MT4のカスタマイズ性

MT4はぱっと見は普通のチャートソフトです。

日本の国内業者で採用されているソフトと大きな違いはありません。
しかし、大きく違うのはカスタムインジケーターです。

一般的なチャートソフトは、あらかじめデフォルトで入っていたインジケーターしかチャート上に表示させることは出来ません。

例えばAというFX業者のソフトでは一目均衡表が表示出来ませんでした。
その場合、どう頑張っても個人ではAの業者のソフトでは一目均衡表を表示出来ません。

しかし、MT4はというと自分でインジケーターを作ることができ、それを配布したりすることができるのです。

ですので、もしMT4に入っていないインジがあったとしても、ネット上で拾ってくればどんなインジケーターでもすぐにMT4で表示出来るのです。

ネット上には有志が作った優秀なインジが山ほど転がっています。
自分で面白いインジを探すのも良いですし、MT4インディケーター貯蔵庫のように使えるインジをまとめてあるサイトを利用しても良いでしょう。

きっとトレードの幅が広がるはずです。

自動売買機能

MT4の大きな特徴としてもう一つ挙げたいのが自動売買機能です。

EA(エキスパートアドバイザー)と呼ばれるファイルを組み込むことで、自動売買が出来るのです。

EAはインジケーターファイルと同じくネット上に沢山ありますし、優秀なものは販売もされています。自分で気になるEAを見つけて、それらを複数運用する・・・といったことも可能です。

EAについては自動で売買させますので、できれば信用のあるところで入手した方が良いです。
そのため、FX-ONなどで購入することをお勧めします。

一度使い始めると離れられなくなるのがMT4

以上、XMで採用されているMT4のご紹介でした。

一度使い始めると離れられなくなると思いますよ。

XMでトレードしませんか?

おすすめの記事