XMの入出金方法の一つにSTICKPAYがあります。

STICKPAYは2018年にXM口座へへの入出金方法の一つとして新しく採用されました。
(現在では他の海外FX業者やオンラインカジノでも採用されています。)

そんなSTICPAYは、bitwalletに代わる出金先の一つとして注目されています。

今回の記事では、

  • STICKPAYの出金手数料はどれくらいなのか
  • 海外銀行送金と比べて得なのか?

についてまとめています。
XMがbitwallet出金に対応しなくなって困っている方も多いと思います。
ぜひ参考にしてください。

最初に結論
結論から言うと、

出金額が115,000以下ならSTICKPAYの方が手数料が安い。
それ以上なら海外銀行送金の方が手数料が安い。

となります。
(海外銀行送金先の銀行がソニー銀行か住信SBIネット銀行に限ります)

Stickpayとは


香港にあるオンライン専用の決済サービス会社です。

2017年に設立されて、現在はかなり勢いを伸ばしてきており、数多くの海外FX業者や海外オンラインカジノで採用されています。

STICKPAYを利用してXM口座の入出金をする場合のお金の流れは以下のようになります。

STICKPAYを使ってXM口座に入金する場合

トレーダーがSTICKPAYに入金して、そこからXM口座に入金する形です。
STICKPAYへの入金方法は3つあります。

STICKPAYへの入金方法
  • 海外銀行送金
  • クレジットカード(VISA、MasterCard)
  • ビットコイン

それぞれの入金については手数料がかかります。

入金方法入金手数料
海外銀行送金入金額の1%
クレジットカード入金額の3.85%
ビットコイン無料

STICKPAYからXM口座への入金については手数料は取られませんが、STICKPAYへの入金手数料が痛いですね。

そもそも、XMは海外銀行送金やクレジットカード入金にダイレクトに対応していますので、わざわざ高い手数料を支払ってSTICKPAY経由でXM口座へ入金する利点はありません。

しかし、XM口座からSTICKPAYに出金するための条件として、一度はSTICKPAYからXMに入金する必要があります。(後述します)

XM口座からSTICKPAYへ出金する場合

XMとトレーダーの口座の間にSTICKPAYを経由させるやり方になります。

STICKPAYから個人の口座に出金する方法は4つあります。

STICKPAYからの出金先
  • 海外銀行送金
  • 国内銀行送金
  • STICKPAY Card
  • 仮想通貨(Bitcoin、Litecoin、Ethereum)

XMからSTICKPAYに出金する場合は手数料はかかりませんが、STICKPAYから個人の口座に出金する場合は以下の手数料がかかります。

STICKPAYからの出金先出金手数料
海外銀行送金入金額の5%
国内銀行送金入金額の1.5%+800円
STICKPAY Card1.3%
Bitcoin、Litecoin、Ethereum1%

この中で一番よく使うのが国内銀行送金ですが、出金手数料が1.5%+800円と割高です。

補足STICKPAY Cardについて

STICKPAY Cardは、世界中のATMで現地の通貨でお金を引き出すことのできるカードです。

日本で使えば日本円で引き出すことができますし、アメリカであれば米ドルで引き出せるため、頻繁に海外に行くことがある人には魅力的なカードになります。

STICKPAY Cardは、STICKPAYのアカウントを持っていたら必ず付いてくるというわけではなく、あとでカードを申請する必要があります。(STICKPAYとカードの残高は紐付けされていません)

STICKPAY Cardを利用するためには、STICKPAYの口座からSTICKPAY Cardに入金(チャージ)しなくてはいけません。その際、STICKPAYからSTICKPAYC ardへの入金手数料は上の表にあるように入金額の1.3%になります。

さらにSTICKPAY Cardから銀行ATMで引き出す際にも手数料が1%取られますので、出金にかかる手数料はトータルで合計2.3%となる点にご注意ください。

この点を考えると、STICKPAYから個人の銀行口座へ送金する場合は、国内銀行送金が一番手数料が安いことになります。

XMでSticpay出金する際に注意しておくべきこと

XMからStickpayへ出金するためにはいくつかの条件があります。
XMに口座を開設したばかりの時点では、STICKPAYが出金先として出てきません。

STICKPAYに出金したい場合は必ず以下の条件を満たしてください。

1.XMへStickpay経由の入金履歴が必要

XM口座からSTICKPAYへ出金するには、過去にStickpayでXM口座に入金した履歴が必要です。
これがなければ、XMの出金先にSTICKPAYが表示されません。

そのため、、XM口座からSTICKPAY出金したい場合は、先にSTICKPAYに入金しておいて、そこからXM口座に入金しなくてはいけません。

STICKPAY経由の入金は手数料が高いので、少額の入金にしておくことをオススメします。

 

2.クレジットカードやビットコインで入金している場合は要注意

クレジットカード入金してトレードして得た利益をSTICKPAYに出金する場合は、クレジットカード入金額まではクレジットカードに「返金」という形で出金されます。

そして入金額以上の金額がSTICKPAYに出金されます。

出金の例

クレジットカードでXM口座に10万円入金。
トレードで資金を増やして、口座資金が25万円になり15万円を出金する場合。

  1. クレジットカードへ10万円返金
  2. STCIKPAY口座へ5万円出金

ビットコイン入金の場合もこれと同じで、入金額以上の金額についてのみSTICKPAYに出金できます。

 これはマネーロンダリング防止のためです。
国際的なお金の流れについては、その経路を明確にしておく必要があるため、出金先には制限があるのです。

STICKPAYと海外銀行出金の手数料比較

XM口座から海外銀行送金にて銀行口座に出金する場合と、XM口座からSTICKPAYを経由して銀行口座に出金する場合の手数料を比較します。

流れとしては以下の通りです。

両者にかかる手数料は以下の通りです。

出金方法手数料最低出金金額最大出金金額
海外銀行送金2,500円10,000円上限なし
STICKPAY経由1.5%+800円3,000円500,000円

STICKPAY経由の手数料が海外銀行送金の手数料である2,500円を超えるのは115,000円です。

つまり、

  • 出金額が115,000円よりも上であれば、海外銀行送金の方が手数料が安い
  • 出金額が115,000円よりも下であればSTICKPAY経由の方が手数料が安い

ということになります。

 これはあくまでソニー銀行や住信SBIネット銀行に出金した場合です。
他の銀行に海外銀行送金すると更に手数料が上がります。

XMの海外銀行送金方法は以下の記事をご覧ください。

参考までにSTICKPAY経由の手数料の推移

STICKPAYにかかる出金手数料について、表にしてみました。

出金額手数料
3,000円845円
10,000円950円
30,000円1,250円
50,000円1,550円
100,000円2,300円
300,000円5,300円

当然ながら出金額が増えるほど手数料も上がります。
ハイレバで数十万円単位を出金する人は、海外銀行送金一択になるでしょう。

まとめ

今回の記事をまとめます。

  • STICKPAYの手数料は安くない
  • STICKPAYの出金手数料が海外銀行送金の手数料を超えるのは115,000円から

STICKPAY(スティックペイ)は発音的に手数料が安そうなイメージをもってしまいがちですが、そんなことはありません。bitwalletと比べると全てにおいて手数料が高いです。

もちろん世界各国のATMでお金を引き出せるメリットはあるものの、日本国内で生活する分にはあまり恩恵にあずかれないかな?と思います。

最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が自作し、実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

このインジケーターは、「ピンバー」の中でも最も期待値の高いポイントのみでサインが出現します。

おすすめの記事