ウォール街では見逃しのストライクはない。

だから好きなだけ球を見て、全てが自分のやり方に合うときだけ打てばいい。

これは伝説的な投資家のウォーレン・バフェットの言葉です。

野球では見逃しのストライクはあって当然です。
なぜなら野球には誰が見ても明確な「ストライクゾーン」があり、そこに入った玉であれば、バッターがバットを振ろうが振らまいが関係なくストライクとなるからです。

しかし、相場に置いては、誰にとっても明白なストライクゾーンはありません。
人によってストライクゾーンは違うのです。

だからこそトレーダーは、明らかなチャンスかどうか判断できないときにはトレードしない方が良いという意味合いになります。

そのあとに来るであろうチャンスを待つべきということですね。

私はこの言葉が好きです。

以前の私は迷いながらもエントリーしてしまうことがありました。

エントリーせずに、勝ちトレードを逃すのが悔しかったからです。
見逃して相場がグングン伸びていくのがとても辛くて、「なんで見逃したんだよ!」と悔しい気持ちを何度も味わったからこそ、「迷えばエントリー」というスタイルにしていたのです。

しかし、このウォーレン・バフェットの言葉を知ってからは悩んだとき・迷ったときはエントリーを控えるようにしました。

トレードはリスクを取る仕事ですから、「リスクを取ってまでポジションを取る!」と確信できるまでは入ってはいけないんですよね。その結果、トレードの成績も改善しました。

悩んだところは記録に残そう!

単に悩んだら、エントリーを見送るだけではなくなぜ悩んだのか、悩んだ根拠は何か、エントリーしていたらどうなったかということを全て記録につけました。

その記録を何度も見返し、エントリーすべきだった状況とエントリーを見逃すべき状況を少しずつではありますが見極めるようになれました。

もちろん、エントリーすべき状況と判断して負けることもありますしエントリーを見逃した結果、勝っていたということもあります。

しかし、過去の検証からトレード数を重ねれば利益が上がるという自信がありましたので、一つ一つのトレードで一喜一憂することはなかったです。

自分の悩んだところについて詳しく検証して、統計的にどうなるかの傾向が分かれば、自分の判断に自身が持てるようになります。

そうなれば、1回1回のトレード結果や、見送った後の動きについてもそこまで気にしなくなるようになるのです。

エントリーするタイミングで迷ってしまう方は、まずはエントリーを見送りましょう。

そしてその時のチャート画像を含めた記録をとりましょう。
その記録が蓄積し、何度も見返していくことで徐々にエントリー時の迷いが無くなっていくはずです。

この記録は、どんな情報商材よりも価値のある情報です。
本当にトレードで勝ちたいと思うのであれば、迷ったところの記録を積極的に取っていきましょう!きっと何かのヒントがあるはずですから!

おすすめの記事