XMにはロイヤリティプログラムというものがあります。
トレードをすればするほどXMPというポイントが溜まり、ポイントはボーナスとして利用できたり、現金に換えたりすることのできるお得なプログラムです。

ロイヤリティプログラムにはExective、Gold、Diamond、Eliteの4つのステージがあり、ランクが上がるほど1回のトレードで得られるポイントが増えます。

具体的には以下のようになります。

グレード 獲得ポイント量 グレードアップ条件 ダウングレード条件
EXECUTIVE 10XMP/10万通貨 口座開設時
GOLD 13XMP/10万通貨 30日以上の取引 30日間取引が無いとEXECUTIVEへ
DIAMOND 16XMP/10万通貨 60日以上の取引 30日取引が無いとGOLDへ
ELITE 20XMP/10万通貨 100日以上の取引 30日取引が無いとDIAMONDへ

口座を開設した段階ではExectiveのステータスで10万通貨あたり10XMPですが、100日以上取引をすればEliteになり、もらえるポイントは2倍になります。

具体的にシミュレーションしてみましょう。

Exectiveでは10万通貨のトレードで10XMPもらえます。
10XMPは3.3ドルのボーナスに変えることが出来ます。

Eliteでは10万通貨のトレードで20XMPもらえます。
20XMPは6.6ドルのボーナスに変えることが出来ます。

例えばドル円の場合、10万通貨における1pipsの金額は1,000円です。
あなたがもしEliteだった場合は、ドル円で10万通貨取引すると、約700円分のボーナスが加算されることになり、実質的には約0.7pipsもスプレッドが狭くなることになります。

XMのスプレッドは広めではありますが、このようにロイヤリティプログラムのステータスを上げていくと、正味のスプレッドはかなり狭く抑えることが出来るのです。

ですから、口座開設をしてからしばらくはロイヤリティプログラムのステータスを上げることも重要になってくるのです。

一番低リスクでロイヤリティプログラムのステータスを上げる方法

ロイヤリティプログラムをEliteにするための条件は、100日間取引することです
取引の定義として1回の取引のポジション保有時間は10分以上と決まっていますが、ロットの制限はありません。
また、ロイヤリティプログラムのポイントやステータスは口座ごとではなく、個人で決まります。

つまり、ロイヤリティプログラムのステータスを最も簡単に、そして低リスクで上げる方法は、毎日マイクロ口座の最低ロットで1回以上取引することになります。

スタンダード口座しか持っていない方は、新たにロイヤリティプログラム専用の口座を作る事をお勧めします。

こうすることで、実質的なスプレッドが狭くなるのですから利用しない手はありません。
全XMトレーダーにオススメしたい裏技です。

XMでトレードしませんか?

おすすめの記事