え?まだ国内FX業者でトレードしてるの?

海外FX業者・・・というとあまり良いイメージを持っていない人も多いのが現実です。
確かに世の中には悪徳な業者もあって、出金拒否をするところもあるくらいですので・・・。

しかし、中には本当に良心的で不正をすることなく、信頼性の高い業者もあります。
私がメインで利用し、他のトレーダーさんにもオススメしているXMもそんな優良業者の一つです。

国内FX業者しか考えられない!と思っている方も、海外FXに興味がある方も、ぜひ以下の記事をご覧ください。

XMとは?

XMはトレーディングポイント社が運営するFX業者の一つです。

XMのグループ会社はキプロスに本拠地がありますが、そのほかにもセーシェル、オーストリア、ハンガリー、ギリシャ、ニュージーランド等に支店ががあり、多くの国での金融ライセンスを保有するグローバル企業です。対応言語は20カ国語、195カ国ででサービスを提供しています。

日本の金融庁に登録されてはいませんが、その分だけハイレバレッジ、ゼロカットなど独自のサービスを提供していて信頼性も高く、海外FX=XMという図式が成り立っています。

海外FX業者は数多くありますが、海外FX初心者の方はとりあえずXMをオススメします。
全て日本語で完結しますし、サポートも完璧で戸惑うことは一切ありません。

海外FXのベテランの方も、「最終的にはXMに戻ってきた」という人も多いです。

XMでトレードする利点

国内業者からXMに乗り換える利点は非常に多くあります。
その中でも特に目立った利点をご紹介します。

ゼロカットシステム

これだけで国内業者からXMに乗り換えるだけの価値のあるサービスです。

ゼロカットを具体的にご説明しますと、「ポジション保有中に急激な相場変動があって、証拠金以上の損失が出たとしても追証を求められないサービス」です。

トレードで損切りの逆指値を入れて「これでリスクは限定できた」と考えている人も多いのですが、実は一気にレートが飛んだ際は、逆指値のレートで約定せずにかなり離れたところで約定してしまうことがあります。こうなってしまうと、証拠金が全部すっ飛ぶどころか、更に「追証を」FX業者から求められるのです。

例えば2015年のスイスフランショック時には一瞬で数百pipsも動いたため、国内業者で取引する多くの人が想定外の損失を出しました。中にはまだ裁判をしているところもあります。あの時はFX業者側の都合で勝手にレート配信を中止したりと、業者の信頼を揺るがす事件が多くありました。

しかし、ゼロカットを採用するXMでは証拠金以上にお金を失うことはありません。
実際にスイスフランショックの時もXMでは追証ゼロでした。

ハイレバレッジ

XMの最大レバレッジは888倍です。
国内業者の最大レバレッジは25倍ですから比べるまでもありませんね。

一般的にハイレバレッジのトレードはリスクが高いといわれていますが、それはトレーダーのリスクの管理次第です。高いレバレッジが使えるということは、それだけトレードに選択肢が増えることを意味します。

このハイレバレッジを上手に利用する方法としては、XMに低額の証拠金を入れてハイレバレッジで増やすやり方があります。こうすることでもし何か突発的な動きがあればゼロカットされるだけで済みますし、その一方で上手にトレードすれば一ヶ月で何倍にも資金が増やせるのです。

私の過去の最高記録は1ヶ月で10万円を135万円にまで増やしました。

高い約定力


XMの約定力の高さやレートの信頼性は他のFX業者を圧倒します。

最近では、国内業者でも高い約定力をアピールするところも多いです。
しかし、ロット数が上がれば上がるほど約定までに時間がかかり、何だかんだでスプレッド+滑り分だけマイナスの状態からスタートすることもしばしば。

でもXMは非常に強いサーバーのおかげですぐに約定するため、滑りがほとんどありません。また、大ロットの取引が多いためか、ロットサイズが上がっても約定力が鈍ることもありません。
確かにXMはスプレッドが広めではありますが、実質的な滑りがゼロということを考えると、滑りのある低スプレッド業者とそこまで大差無いんじゃないかなと個人的には思っています。

手厚いサポート

海外FXと聞くと、「あっさりした」イメージを持つ人も少なくありません。
確かにそんな業者も多いのですが、XMは違います。

言語は全て日本ですので英語が苦手な方でも気軽に口座開設&トレードが出来ますし、日本人スタッフもいますので困ったことがあればすぐに対応してもらえます。

また、XMはトレーダーの教育にも力を入れており、週に数回開催されるウェビナーではその時の相場の状況やトレードテクニックなどを分かりやすく解説してくれます。

 

3種類の口座から選べ、取引対象も多い


XMはトレーダーの資金量やトレードスタイルによって3種類の口座が選べます。

  • スタンダード口座
  • マイクロ口座
  • Zero口座

これら3種類の特徴について表でまとめてみました。

マイクロ口座 スタンダード口座 ZERO口座
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
1ロットの単位 1000通貨 100,000通貨 100,000通貨
最大取引量(ロット) 100ロット 50ロット 50ロット
最小取引量 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット
最大ポジション保有数 200ロット 200ロット 200ロット
取引手数料 無料 無料 片道1ロット/5ドル
スプレッド 1.0pips~(変動) 1.0pips~(変動) 0pips~(変動)
ゼロカット あり あり あり
最低入金額 5ドル 5ドル 200ドル
ボーナス 口座開設

入金ボーナス

ロイヤリティプログラム

口座開設

入金ボーナス

ロイヤリティプログラム

口座開設
取引通貨ペア数 57 57 56

マイクロ口座とスタンダード口座の大きな違いは、1ロットの単位が異なる点です。

マイクロ口座は1ロット1000通貨なので、低リスクでトレードしたい人向きで、スタンダード口座は1ロットが10万通貨なので、ハイレバレッジで勢いよく資金を伸ばしたい人向きです。

そしてZero口座はECNでインターバンク直結なのがウリの口座です。
超低スプレッドで取引できますので、スキャルピング向きとなります。

口座は追加開設出来るので便利です!
どの口座にしようか?と迷う方は、XMのハイレバレッジの威力を最大に活かせるスタンダードをオススメします。
(マイクロ口座は最大でも10万通貨までなので、ハイレバが活かしにくいです)
一度口座を開設すれば、簡単に他の口座も追加することができますので、口座のタイプについてはそこまで悩む必要はありません。

また、XMでは通貨以外にも多くの商品で取引できます。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

太っ腹のボーナス!

XMには国内業者では真似できない太っ腹なボーナスが3種類用意されています。

  • 口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス
  • ロイヤリティプログラム

口座開設ボーナスは、口座を開設した時点で3000円分のボーナスがもらえます。
つまり、入金しなくても3000円分のトレードが出来てしまうのです。

入金ボーナスは、入金額に応じてボーナスがもらえるシステムで、500ドルまでの入金であれば、入金額の100%分がボーナスとして付与されます。つまり、500ドル入金したら、入金した500ドルに加えて500ドル分のボーナスが付与されて合計1000ドル分の証拠金でトレード出来るのです。

ロイヤリティプログラムは、XMでトレードをするほどポイントが溜まるシステムで、溜まったポイントはボーナスにしたり、現金として出金することも出来ます。

ボーナスについての詳しい解説については、以下の記事をご覧ください。

 

顧客資産は分別管理されており、保険もある

日本のFX業者は信託保全が義務づけられますが、必ずしも海外業者が信託保全をしているわけではありません。

信託保全とは?
信託保全とはFX業者が顧客から預かった証拠金を信託銀行に信託することです。
こうすることで、もしFX業者が破産したとしても、信託保全されている資金から顧客に証拠金が返還されます。

しかし、XMではその点もしっかりとしており、顧客口座はイギリスのバークレイ銀行に分別管理されており、もしXMが倒産した場合でも顧客の証拠金は残高ベースで補償されることになっています。

AIGの保険に入っており、万が一の場合は100万ドルの補償がされます。

XMのイマイチな点

XMは素晴らしい海外Fx業者ですが、誰にでも最高の業者というわけでもありません。

スプレッドが広め

これはXMに限らず、海外FX業者全体に言えることなのですが、低スプレッドを謳う国内業者と比べると、スプレッドは広めです。

大体、国内低スプレッド業者のスプレッド+1.0pips程度がXMのスプレッドになります。
そのため低スプレッドでガンガントレードをしたい人には向かない業者です。

しかし、ECNのゼロ口座を利用すれば国内業者よりも狭いスプレッドでトレードする事が出来ます。
(ゼロ口座の場合、片道1ロットあたり、5ドルの手数料が必要になります。)

 

入出金が少し面倒

XMは海外業者のため、入出金は国内業者と比べると少し面倒です。
特に国内業者で人気の高い銀行振り込みの即時反映はありませんが、様々な入出金方法に対応しています。

入金について

入金方法は銀行振り込み、クレジットカード、ビットコイン等に対応しています。

入金手段 入金手数料 最低入金額 入金反映時間
ビットウォレット 無料 500円 即時~1時間程度
クレジットカード/デビットカード 無料 500円 即時
ビットコイン 無料 500円 10分程度
国内銀行送金 無料 10,000円 1営業日程度
JCBのクレジットカード/デビットカード 無料 10,000円 即時

どれも入金手数料は無料ですが、反映時間が異なります。
一番早いのがクレジットカードやデビットカードで、このやり方が一番人気のようです。

出金について

出金については、銀行送金かビットウォレットに大きく分かれます。
銀行送金は海外経由なので数千円の手数料を取られますので、結構痛いです。

しかし、ビットウォレットの口座を経由して、
XM⇒ビットウォレット⇒自分の銀行口座という流れだと、824円の手数料だけで出金できます。

XMでトレードする方にとっては、ビットウォレットは必須なので、XMの口座開設と一緒に作っておくことをオススメします。(XMもビットウォレットも口座開設費用は無料です)

 

金融庁に無登録

これはXMのメリットでもあり、デメリットでもあります。

XMは日本の金融庁のライセンスを取得していない無登録業者です。
「無登録」と書かれると不安に感じる方もいるかも知れませんが、XMグループは日本の金融ライセンスは持っていないものの、セーシェル、オーストリア、ハンガリー、ギリシャ、ニュージーランド等に支店ががあり、多くの国での金融ライセンスを保有するグローバル企業です。

XMほど大きなFXブローカーともなれば、日本に支店を置いて金融庁のライセンスを取ることも可能だと思われますが、それをやってしまうとゼロカットやハイレバレッジ等の魅力的なサービスを展開することができません。
このような理由から、戦略的に無登録の業者として営業していると考えられます。

金融庁は日本国内に法人税を支払わない海外業者を閉め出したいがために、「無登録業者=悪」というレッテルを貼って非難しているのが現状です。

 

まとめ

XMでのトレードがオススメ出来る人、国内FXの方がオススメな人

XMがオススメ出来る人
・追証のリスクを理解しており、絶対に追証を支払いたくない人
・少ない資金を短期間で一気に増やしたい人
・高い約定力でストレスなくトレードしたい人
・公正なレートで取引したい人
国内FXがオススメな人
・狭いスプレッドに魅力を感じる人
・スワップポイントが目当ての人
・低レバのトレードだけで十分な人
・金融庁を信頼している人

XMの魅力はなんといってもハイレバレッジとゼロカットです。
この二つを上手に活かすことが出来れば、追証のリスクゼロで効率よく資金を増やすことも可能です。

資金を増やしたい!
そう思う人ほどXMはオススメ出来る業者です。

口座開設方法につきましては、以下の記事をご覧ください。

当サイト限定!XM口座開設するとオリジナルのハイテクインジを差し上げます

当サイト経由でXMの口座開設をされますと、私が作成したシグナルインジケーターを差し上げます。月に500万円以上コンスタントに稼ぐトレーダーと一緒に開発をした画期的なインジケーターです。

どこでも販売していない完全オリジナルですので、ぜひこの際にゲットしちゃってください!
ツールの詳細および申請方法につきましては以下のページをご覧ください。