GW中に海外ブローカーであるGEM FOREXでレート操作とも思える動きが発生しました。

今回は、ストップ狩りについて、そしてGEM FOREXの信頼性についてまとめます。

明らかなストップ狩り?

瞬間的に大きく動いています。
ボラティリティの小さな豪ドル円で、たった2分で100pips以上の動きです。

ある程度FXをやったことがある人なら分かると思いますが、これが「ザ・ストップ狩り」です。

顧客のポジションが多く溜まっている時に、業者がほんの一瞬だけレートを大きく動かすことで、顧客の損切りを誘発するやり口です。

相対取引の業者の場合は、顧客のポジションが損切りになれば、その金額分が利益になります。ですので、信頼性の無い業者ではこのような事がたまに見られます。

最近では、フラッシュクラッシュのような大きな変動があった時に、一部の業者が「ここぞ!」とばかりに一気にスプレッドを広げて実質的にストップを狩るのが一般的?になっていますが、ここまで堂々と狩りに来るのは珍しいですね。

GEM FOREXという海外ブローカーについて

GEM FOREXは2019年で運営歴8年目のブローカーです。

このブローカーについて注目すべきなのは以下のポイントです。

  • どの国の金融ライセンスを持たない
  • ボーナスがかなり凄い
  • のみ業者(ストップ狩りの報告が多い)
  • 出金拒否の噂が多い

どの国の金融ライセンスも持たない

一般的には海外ブローカーと言えど、どこかの国の金融ライセンスは保有しているものです。
しかし、GEM FOREXは金融ライセンスを保有していません。

この時点で「怪しい」と考えるべきですし、信頼性は低いです。
どの国の金融ライセンスにかにもよりますが、保有している国の金融ライセンスによって信頼性は大きく変わります。

集客のためのボーナスが凄い

GEM Forexは信頼性は低いですが、それ補うために非常に派手なプロモーションを行い、口座開設者には多くのボーナスを出して人気を集めています。

例えば、2019年5月17日現在では、新規口座を開設しただけで200ドルのボーナスが貰えます。これだけ凄いボーナスを出す業者はGEMくらいのものでしょう。

ボーナス自体は沢山貰えますが、後述するようにストップ狩りや出勤拒否の噂もあります。お金はあまり入れない方が良いでしょう。

GEM FOREXはのみ業者(ストップ狩りの報告が多い)

忘れてはいけないのはGEM FOREXはノミ業者という点です。

ノミ業者は顧客の注文をインターバンクに流しませんので、

顧客の損失=業者の利益

という式が成り立ちます。

だからこそ、冒頭でご紹介したように、瞬間的にレートを大きく動かしてトレーダーの損切りを誘発させるのです。

定期的にこんなことをやっていたら悪評が続いてしまいますが、豪華なボーナスでカモフラージュしている感じですね。

XMのようなNDDの業者であれば、このような意図したレートずらしをやっても何の徳にもなりませんので、このような話はまず聞きません。

出金拒否の噂が多い

金融ライセンス無し、ノミ業者、と揃えば、当然ながら「出金拒否」の噂が絶えません。
酷い業者の中には利益を出金させないように出金を拒むところもあるのです。

Twitterの中にはこのようなつぶやきがありました。

is6comについて
is6comという業者は、GEM TRADEと値動きが全く同じなため、運営会社も一緒なのでは?と噂されています。

ボーナスでトレーダーを集めて、利益が出したら口座凍結・・・。
手を出さない方が良さそうです。

FXは信用できる業者で取引しよう!

FX取引をする場合、言うまでもなく業者の信頼性は必須です。

我々のお金を預けて取引して、そして出金するわけですから!

こんなことは当たり前ですし、ちゃんとしている業者は沢山います。
しかし、その中で当たり前のことをやらない、やろうとしない業者もいるのです。

私はXMで5年以上取引していますが、一度出金拒否やストップ狩りにあったことはありません。(国内FXで口座を凍結されたことはありますが・・・)

FX取引をやる上では、手法と同じくらいに業者選びが大事なのです。

最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が自作し、実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

このインジケーターは、「ピンバー」の中でも最も期待値の高いポイントのみでサインが出現します。

おすすめの記事