FXをしている人の多くがチャートをメインに売買判断をしていると思います。
特にMT4は使い勝手もよくて便利ですよね。

そう、チャートは確かに素晴らしいトレードツールです。
市場のファンダメンタルズも、全て価格に織り込まれると考えれば、チャートは「全てを教えてくれる」と言っても過言ではありません。

しかし、チャートは他の大勢のトレーダーも使っています。
皆チャートを使っているのであれば、チャートを使う事によって得られる優位性は必然的に薄まります。大衆と同じ事をやっても得られるモノは少ないのです。
(もちろん手法次第ですが・・・)

では、その他大勢のトレーダーから頭一つ抜けるにはどうすれば良いのでしょうか?

やはり情報です。
ちょっとした情報があるだけで、自分の持っているトレード手法の優位性が一気にアップし、自信を持ってトレードが出来るようになるのです。

今回はそんな有意義な情報を発信しているサイトを3つご紹介します。

羊飼いのFXブログ

毎日発表される指標について紹介するブログです。
何時にどんな指標があって、それはどれくらい重要なのか?が一目で分かるので、私もトレード前には必ずチェックするようにしています。

他にも市場の見通しや現在の相場の状況もわかりやすく解説してくれているので、相場全体の流れや温度を感じる事が出来ます。

トレード前に羊飼いさんのブログを見れば、事前に重要指標の時間が分かりますから、無謀な指標トレードを避けたり、指標による突発的な動きでロスカットを食らう可能性を下げることが出来ます。

超オススメブログです。

http://kissfx.com/

オアンダオーダーブック

FX業者であるオアンダの公開するオーダーブックです。

これは世界中にあるオアンダグループの顧客の未決済の注文情報をグラフ化したもので、各通貨ペアにおいて、どれだけ注文が入っているのかが一目で見ることが出来ます。

オープンオーダーを見ることで、売りが厚い価格帯、買いが厚い価格帯が見えます。
この情報を利用して、「今の価格帯より少し下に強いサポートがあるから、強気でロングしておこう!」みたいな感じでエントリー判断の一つとして利用できます。

また、チャートにサポレジラインを引いて、さらにオーダーブックの情報を加味することで「最も強いサポレジ」を見つける事も出来ます。

使い方次第では大化けするサイトです。

https://www.oanda.jp/lab-education/oanda_lab/oanda_rab/open_position/

マタフ

通貨の強弱の流れをグラフ化してくれるサイトです。

通貨には強弱があります。
例えば、「ドル円上昇、ユーロドル上昇」となっている場合は、「ドル>円、ユーロ>ドル、」となり通貨の強さの順位は「ユーロ>ドル>円」と導くことが出来ます。

最も強い通貨と最も弱い通貨のペアでトレードすれば、一番トレンドに乗りやすいということになりますので、通貨の強弱の把握は重要です。

しかし、複数の通貨で順位を付けるのは大変ですし時間がかかります。
そこでマタフを利用すれば、一目で「どの通貨ペアでトレードしたら良いか?」が一目で分かってしまうのです。

複数の通貨ペアでトレードする人にとっては欠かせないサイトになるでしょう。

https://www.mataf.net/en/forex/tools/currency-index

おすすめの記事