前回ご紹介した「ダブルトップ・ダブルボトムの行き先がわかる」テクニックについて続きの動画がありましたので解説していきます。

この記事は、FXトレーダーの「Pepper」さんの環境認識方法の一つである「ダブルトップやダブルボトム形成後、相場はどこまで動くのか?」について予測していくやり方をまとめたものです。

前の記事をご覧になっていない方は、まずはそちらからご覧ください。

動画はコレ

まずはpepperさんの続編の動画をご覧ください。

ダブルトップ&ダブルボトムからラインの引き方のおさらい

それでは基本的なラインの引き方からおさらいしていきます。

1.ダブルボトムを見つける

まずは下のチャートの中からダブルボトムを見つけます。

ダブルボトムは以下の赤い線のようになりましたので、ダブルボトムの安値同士をラインで結びます。

 この黄色いラインがベースとなりますので超重要です。

ダブルボトムに引いたラインと平行なラインをネックの部分に持ってくる

次にダブルボトム同士を結んだラインと平行なラインをネックの部分にも当てます。

このラインをブレイクして初めてダブルトップから形成されるラインが有効であると判断します。

逆にラインを上抜けずに下にブレイクしたら、ラインの効果はないと考えます。

以前の目立った高値から同じように平行なラインを引いていく

ネックラインに引いた平行なラインを、以前の目立った高値からも引いていきます。

すると、そのラインを抜けたら次のラインを目指す・・・という動きが確認できます。

ラインを明確に逆方向に割ったらトレンドの終了を考える

ダブルボトムからの反転は永遠に続くわけではありません。
いつかは終焉を迎えて逆方向に進みます。

この手法では、明確にラインを逆方向に割ってきたらラインの効果がなくなってきていると考えます。

明確にラインを割って、次の上昇で前回の高値を大きく超えられなかった場合、それは逆にダブルトップが形成されることになりますので、次はダブルトップからのラインを引くことになります。

他の例

他のダブルトップからの反転の例をご紹介します。

  1. 明確なダブルボトムを見つけたら、安値同士を結んで、そのラインをネックラインに当てる。
  2. それを明確にブレイクしてきたら、次は直近の高値からのラインを目指す。

たったこれだけで、ダブルトップやドブルボトム形成後に、どれだけ動くかの予測をつけることができるのです。

ネックラインをブレイクできずに、逆方向をブレイクした場合

先ほどのチャートでも解説しましたが、ネックラインをブレイクせずに、ダブルトップやダブルボトムに引いたラインをブレイクしてきたら、そのラインの効果はなくなったと判断します。

このチャートではダブルトップ形成後、ネックラインを明確に下抜けずに上方向にブレイクしていきました。

このケースでは黄色いラインは効果がなかったことになります。

このチャートも同じです。
ダブルボトム形成後にネックラインを超えられずに下落し、ダブルボトムの安値同士を引いたラインをブレイクしていきましたので、ラインの効果はないことになりました。

ネックラインを明確に抜けてからが勝負

このやり方が非常に優秀なのは、高値同士、安値同士のラインを引いて、ネックラインをしっかりとブレイクした時点でようやく「機能するライン」と認めることができる点にあります。

確認したうえでラインを使うことができますので、自信をもって先を予測できます。

このやり方は、トレード手法としても使えますし、環境認識の一環としても使うことができます。

シンプルですが、その割にはかなり有効なラインが引けますし、他の手法との親和性も高いです。
かなり使えるやり方だと思います。

 このテクニックは1時間足以上で有効です。
ご注意ください。
最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が自作し、実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

このインジケーターは、「ピンバー」の中でも最も期待値の高いポイントのみでサインが出現します。

おすすめの記事