最近、情報収集も兼ねてYouTubeでFX関連の動画を視聴しています。

私が見た限りではその多くが初心者向けなのですが、中には「お!」と思うようなものもあります。今回はその中の一つをご紹介したいと思います。

内容としては、ダブルトップとダブルボトムのパターンから、相場の反転がどれくらいまで進むのかを知るテクニックです。

「そんなの知ってるよ!」 と思う人も多いでしょうが、きっとイメージするものとは違うはずです。

トレンドラインやチャネルラインを利用して行くノウハウですが、再現性も高くて分かりやすいです。そして何よりもトレードのシナリオが立てやすいです。

動画はコレ

今回ご紹介するのはpepperさんの動画になります。

まずはコチラをご覧ください。

ダブルトップ・ダブルボトムからの反転を見るポイント

それでは動画の内容について解説していきます。

従来のダブルトップのとらえ方

まずは以下のチャートをご覧ください。

このチャートでは頂点部分でダブルトップが形成されています。
具体的には以下の通りです。

2段目の方が少し高いですが、ダブルトップですよね。
このようなダブルトップの考え方は、一般的には以下のようになります。

画像中に書き込んでいるように、ネックラインを割ったら、頂点からネックラインの幅分だけ下げる、というのが一般的なセオリーです。

しかし、このやり方は現在の相場では通用しにくく、途中で反転していくこともよくあります。

このようなことを避けるために、もう少し詳しく分析して「どこまで到達するのか?」を見ていくのが今回のやり方になります。

手順

ダブルトップの頂点から頂点へラインを引く

チャートを見て、ある程度ダブルトップっぽい動きが見えてきたら、その頂点同士にラインを引きます。

とても簡単ですね。

ダブルトップやダブルボトムがよく分からない方へ
この記事の終盤で自動でダブルトップやダブルボトムを検出するインジをご紹介しています。

ネックラインに平行なラインを当てる

次に先ほど引いたラインと平行なチャネルラインをネックラインに当てます。

コレも簡単ですね。

平行なラインの引き方
平行なラインは、以前引いたラインを選択してキーボードのCtrlボタンを押しながらずらすと簡単にコピーできます。

ダブルトップを作った1波目の安値にも平行なラインを当てる

同じように、ダブルトップを作った1つ目の高値を作る前の安値にもラインを当てます。

もう一つ前の安値にもラインを当てる

今度も同じようにその一つ前の安値にもラインを当てます。

各ラインでその後反発しているのが分かるでしょうか?

これまでに引いたラインが、その後、かなり意識されているのが分かるでしょうか?

これらのラインを抜けると、次のラインを目指す動きになっているのがよく分かります。
つまり、ラインをブレイクしたらエントリーして、次のラインを利食いターゲットにすることで、高勝率のトレードができるのです。

上位足でラインをブレイクしてきたら、下位足でピンポイントで狙って行くのもアリですよね。

ポイントは山の頂点の角度に合わせてラインを引いていくことです。

こうすることで、どこまで進むかがよく分かります。

もう一つの例

先ほどのチャートでは、実はもう一点ダブルトップになっている箇所がありました。

それがこのポイントです。

これらについてもラインを引いていきましょう。

頂点同士を結ぶラインを引く

同じように頂点同士を結ぶラインを引きます。

とても簡単ですね。

ネックラインや安値にラインを引く

次はネックラインや安値にラインを引いていきます。

天井と底が見えれば、次の動きが見えてくる

引いたラインについてよく見ていくと、やはりその後意識されていることが分かります。

とても簡単な分析方法ですが、かなり効果が高いです。

日足の例

では同じように日足でも見ていきましょう。
下のチャートはポンド円日足です。

チャート真ん中あたりでダブルボトムを形成しています。
このダブルボトムの底同士にラインを引き、さらにネックラインや直近の高値等にラインを引きます。

すると以下のようになります。

やはりラインをブレイクすると次のラインに進む傾向に有るのが分かります。
また、ラインをブレイクしたら、次はサポートとして機能しているのも分かりますね。

ダブルトップ・ダブルボトムが分かりやすくなるインジケーター

ダブルトップ・ボトムを使ったテクニックをご紹介しました。
ぱっと見でダブルトップやボトムが分かる人ならぜひやってみたいと思う手法です。

しかし、初心者さんはなかなか見分けが付かないのも事実。
そこで、無裁量でダブルトップやダブルボトムが分かるインジケーターをご紹介します。

Zigzag

ZigZagはMT4に最初から搭載されているインジで、相場の波を無裁量で見ることができます。

波が分かればダブルトップやボトムも一目で分かりますので便利です。

例えば、下のようなダブルボトムがZigZagによって描かれたとします。

これについて、それまでの波の頂点からラインを引いてやると、下のように節目となるポイントが見えてきます。

price-patterns

ダブルトップ・ボトム等を自動で検出するインジです。

下のように特定のプライスパターンが出現すると、チャート上にパターン名と共に表示されます。

このパターンが出現したら、ラインを引いてやれば、簡単に次の節目が見えてきます。

ダウンロードは以下のサイト様からどうぞ。

最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が自作し、実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

このインジケーターは、「ピンバー」の中でも最も期待値の高いポイントのみでサインが出現します。

おすすめの記事