どの世界にもパレートの8割2割の法則(80:20の法則)があります。
もちろんFX市場の世界にも、この法則が見事に生きていることは認めざるを得ません。

具体的には、仮に全世界で1000万人がFX市場に参加しているとして、扱う金額は200兆円規模と言われているので、パレートの法則を適用して人数・金額も簡略概算化すると以下のようになると考えられます。

  • 勝ち組(プロフェッショナル・胴元)→200人に160億円の富が集中している。一人8,000万の資産。
  • 負け組(アマチュア・カモ)→残りの800人が、40億円を投資に消費している。一人500万の投資。

このように、FX世界は極めて明確な能力社会です。
大事なことは、20%の勝ち組になるためには、勝つ方法だけを知るのではなく、必ず負けない方法を知ることが同じくらいに重要です。

具体的に言うと、必ず「負け組」になる方法を知ってそれを絶対にしないこと。
こうすれば勝ちか負けの2者選択の法則で勝ち組に入ることが出来ます。

今回は、必ず負け組になる方法を3つ紹介したいと思います。

レードする前に、勝ち・負けを決めるリミットライン・ストップラインを設定してない人は負け組になる

負け組は、頭の中だけでぼんやりとリミットとストップを設定しているだけで、どうなったら勝ちなのか、どうなったら負けなのかが明確になっていません。

FXにおいて勝ち基準とはリミットであり、負け基準とはストップです。

しかし、その基準が数字ベースで理論的に決まっていないので、状況が変化するとその場の雰囲気に流され、リミットも本来の予定より小さくしてしまったり、ストップも本来の予定より大きな損失になってしまいがちです。

つまり、リミット前なのに利益確定したり、ストップをこえてるのにロスカットするのはダメなのです。

投入資金を明確な基準もなく、急に投入資金を増加させてトレードする人は、負け組になる

初心者にありがちですが、勝ちが続くと、市場コントロールができる錯覚にはまります。

つまり、自分は市場の神だと誤解し、本来の予定以上の投入資金を増加させて、大きなトレードを繰り返すことになります。

これは大負けするまで・・・。
その結果、資金はショートしてしまいます。

FXにおいて未来は完全無常です。
つまり、常に状況によって変転変化するので、どんな良質な予測法も絶対に外れることが100%あるということを理解しておかなくてはいけません。

だから、どんなに勝ちが続いても、負けが続いても、予定通りの投入資金枠でトレードする必要があるのです。

利食いや損切りに達しても決済しないで、未来の好転に期待をかけると、負け組になる

特に小さなリミット幅やストップ幅の場合、たとえそのラインに達しても、負け組は、もう少し時間がたてば、レートは好転するのではないかと思い、リミットとストップの設定をはずしてしまうことがあります。

そして実際に好転する経験が重なると、ますます、その傾向は強くなります。
その結果、当初の設定の根拠はなくなる・・・。

確率的にある利益の見通しがあって、リミットとストップを設定しているのにもかかわらず、そのシステムを崩すということは一時的に良くても、全体的には勘でトレードするアマチュアトレードに堕したことになります。

FXにおいてリミットとストップの無原則な変更は、トレード技術の崩壊を意味します。

設定したラインに達したら、欲張りや甘い期待をするのではなく、確実に、そのトレード技術を実施し、一歩前進させるべきです。

それが結果的には、トレード技術の習熟度のレベルアップそのものに繋がります。

あなたは今のFX業者に満足していますか?

FXをやるならハイレバレッジ&ゼロカットのXMで効率よく稼ぎましょう。

当サイトよりXMの口座開設をされますと、私の利用しているオリジナルエントリーサインツールを差し上げます。

⇒XMの詳しい解説
⇒エントリーサインツールの詳細
⇒XMの口座開設方法について

 上のリンクをクリックする前に、ブラウザのキャッシュとクッキーを削除される事をお勧めします。
おすすめの記事