今回の記事はFXに勝つ為に必要なメンタルの内容です。

基本ですが、重要な知識なので初心者はもちろん、勝っている人やこれからも勝ち続けたい人にとっても常に意識しておいて欲しいことです。

メンタルで悩んでいる方はぜひご覧ください。

FXの厳しい世界

FXの勝ち組は2割程度と言われています。
この数字を見る限りでは、確率的に厳しい数字になっていますが、ツイッターやブログ、YouTutbe等を見ると勝ち組トレーダーばかりですよね?

そして、情報商材やオンラインサロン、セミナー等で「初心者でもすぐ簡単にお金を儲ける事ができる」という類いの宣伝が多く見受けられます。

勝者は2割しかいないはずなのに、ネット上には勝ち組だらけで、FXは簡単と宣伝される矛盾・・・。

個人的に心痛く思うのが主婦をターゲットにした広告です。
あまりにも手軽さ・簡単さを強調しているせいか、よく主婦の方で家庭の貯金をFXにつぎ込んでしまった・・・という話を聞きますよね。

はっきりいって、FXの世界はいわばスポーツのようなもので気楽に勝てるようなものではないのが現実です。

ゲームに勝つには徹底的にそのルールや仕組みを知る必要があります。

この場合、トレードは遊び感覚のゲームとしてではなく、真剣勝負のスポーツのようなものでプロ意識をもって取り組むメンタリティーが必要になります。

FXで勝つにはプロ意識が必要不可欠

FXをやっている人の全てがFXで勝ちたいと思っているはずです。

FXで勝ちたい・勝つという事は勝ち続ける事を意味していて、時々大きく勝ったり大きく負けたりするようなケースは意味を持ちません。つまり、FXで勝ちたいなら勝ち続ける事を目標にするべきなのです。

勝ち続けるトレーダーは、兼業であれ専業であれプロのトレーダーです。

ところが、勝ちたいと切望している人の中には、プロのトレーダーになるという意識がそれほど強くない人も多いようです。

例えばちょっと小遣い稼ぎが出来たら良いかなぁ・・・程度の動機でトレードをやっている人は多いのではないでしょうか?そういった認識の甘さが起因して負け組みが多いのかもしれません。

その様な認識の薄い初心者トレーダーは、トレードそのものや相場の動きに関して良く分からない間は手を出すべきでなく、十分な知識とデモトレードでの訓練を経て始めて本番に臨むのが本来の手順だと思います。

こういった事を良く理解した上で、きちんと冷静な判断を毎回のトレードでやるべきです。

メンタル面の影響

FXで成功する秘訣が何かしら精神論になるというのは言葉巧みな「理想」や「理論」だけで実践的ではない印象があったりしますが、その一方で確実に人間の心理も取引に影響しています。

実際に、負ける人の心理はほぼ同じです。

コツコツ・ドカンの負け方で、しかも同じ事を繰り返します。
コツコツになるのもドカンになるのも、以前の負けのトラウマが原因となっていて、それを繰り返すというのも同じトラウマが原因になっています。

負け分を取り戻す事だけを考えていると、このような最悪のパターンにはまってしまいます。

スポーツ選手の多くは肉体を鍛えるだけでなくメンタル面の強化も重視しますが、FXのトレーダーもそうするべきだと私は思います。

FXは決して生半可な簡単で気楽に勝てるようなものではないので、プロのスポーツ選手と同じような強いメンタルが必要だと思います。

そうでなければFXで勝てないですし、結局勝つという意味はプロであるという意味だと私は思っていますので、勝つ為の努力みたいなものが必要になると考えています。

その努力の一部がメンタル面にあります。

ちなみにどれくらい稼いだかが基準となってプロ・アマに分けられるかというような問題はありません。例え利益が僅かでも、安定して勝ち続けているトレーダーは私からすればプロであると思います。

メンタルの重要性

さて、具体的なメンタル面がどの様に役に立つか、あるいは、トレードにはどういったメンタル姿勢が必要かなどの観点から幾つか例を挙げてみました。

  • 前の勝ち負けを引きずらずにトレードする
  • 忍耐を持って徹底的に待つ
  • 負けたトレードの後は自分の冷静さを確認してから次のポジションを狙う
  • 負け分を返す目的でポジションを取ったりナンピンしない
  • リスクや期待値をいつも考え、適当な行動はとらない
  • 相場分析を怠って運良く勝ってしまったトレードは反省し負けトレードとみなす
  • メンタル面の強化の必要性は分かるかと思いますが、具体的に何をやれば良いかという部分を触れている本などは意外に少ないと思います。

    もちろん、問題の再認識だけでメンタルを強化できる人もいますが、もっと具体的なメンタル強化の方法があっても良いと思います。

    メンタルを鍛える方法

    トレードの様々な局面で精神的強さが必要ですが、どうしたらそれをゲットできるのでしょうか?

    初心者や負ける人がよく犯す間違いの一つに、自分の決めたトレードルールを守らないというのがあります。

    それは、チャートをなんとなく見ていてなんとなくここからこうなるに違いないと勝手に思い込んでポジションを取るような行為です。

    「ポジションを取れば逆走」などというのは相場分析をろくにしていないケースが殆どだと思います。焦って意味のない箇所でポジションを取ってもラッキーでしか勝てませんし、運で利益を得たものは今後のトレードを改良していく為などの参考にならないばかりか、そういったトレードはむしろギャンブルです。

    そして何よりも「勝ち続ける為に必要なポジション取り」を重視しなければ意味がありません。

    トレードルールを守るだけで多くの恩恵が期待できます。
    先のトレード時に必要なメンタルチェック項目から見てみると以下のような改善が期待できます。

    • 前の勝ち負けを引きずらすにトレードできます。
    • じっくりと待ってからポジションを取る事は当然になります。
    • 毎回のトレードに心理面からの悪影響が出ません。
    • リスクやナンピンも冷静に判断できます。
    • 相場分析をしないでポジションを取る事もなくなります。

    トレードルールの厳守

    トレードルール厳守こそがメンタル強化方法だと私は思います。

    トレード時の自分の心理状態に注目して心理学的なアプローチを試みるといった難しい事ではありません。

    ひたすら自分のトレードルールを守ってトレードをするだけです。
    そうすると次第に良い結果をもたらし始め、その経験と自信が糧となっくるので、例えサプライズで負けてもトレードルールをひたすら守るという習慣がついていれば落ち込む事もありません。

    負けても次のトレードに影響する事もなくなります。

    トレードルールを守っているだけで心理的に影響されないトレーダー、精神的にタフなトレーダーになれます。

    トレードルール厳守こそが今負けているトレーダーに必要な意識改革であって、勝ち続けるプロトレーダーのメンタリティーそのものだと言っても過言ではありません。

    それでもなんだかトレードルールを守りきれないという方は、トレードルールを書いたノートを用意して毎回ポジションを取る時にチェックします。最初は面倒ですが、自分のトレードルールを完全に暗記する事にもなりますし一石二鳥です。そういった感じで良い習慣を身につけていくだけですから難しくないはずです。

    トレードルール厳守の秘訣

    それでは最後に私のトレードルール厳守の秘訣を教えたいと思います。

    それは、「毎回の自分のポジション取りをプロとして初心者に説明できるか自問自答してみる」です。

    ここまで意識できるようになれば、無駄なポジション取り、つまりトレードルールを違反するという愚かな事はしなくなります。

    自分の取ったポジションを他の人に説明できるようになるのを目標にするならば恥ずかしい行為はしなくなります。

    思い出して下さい。皆さんが目指しているのは勝ち続けていくトレーダーであってそれはプロのトレーダーです。ですから、自分の取るポジションを初心者に説明できるようなプロトレーダーになるように目指してみてください。

    最強のサインツールをプレゼントします。

    このブログをご覧になっている方限定で、私が自作し、実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

    このインジケーターは、「ピンバー」の中でも最も期待値の高いポイントのみでサインが出現します。

    おすすめの記事