今回の記事では、エリオット波動について解説します。

エリオット波動については賛否両論ありますが、まず私のスタンスを述べさせてもらうと「エリオット波動は使えない」です。

理由は複雑すぎて客観性が乏しいから。
客観性に欠けるチャート分析は、その時々によって判断が変わったりするため、本当に役に立たないのです。

 本記事ではエリオット波動について否定的な見解を示していきます。
エリオット波動が好きな方はご覧にならないことをオススメします。

エリオット波動理論の成り立ち

エリオット波動理論は、アメリカの会計士であったラルフ・ネルソン・エリオットにより、株式市場の理論として考えられたものです。

エリオットの死後、この理論に関する論文や書籍が発表され、そののちに投資家の注目を集めるようになりました。

現在はロバート・プレクタージュニアという人がエリオット波動の大家として様々な書籍を出していますし、日本でも一部の熱狂的なエリオット波動支持者がブログや情報商材でその手法を公開しています。

エリオット波動理論の特徴

エリオット波動理論は株式相場の相場分析法で、簡単に言えば、相場にはサイクルがあり値動きは一定のリズムとなるというものです。

エリオット波動理論はダウ理論の影響を受けており、エリオット自身が「波動理論はダウ理論の補足である」とも述べていたそうです。

またエリオット波動理論は、ダウ理論やダブルトップ・ヘッドアンドショルダーなどメジャーなチャートパターンと同様に、相場の天底の予測などを早い段階で行うことが出来たり、相場の先の値動きを予測することの出来る理論となっています。

 波動を読めば、「次の動きは予測できる」ということになります。

エリオット波動理論の基本原則

エリオット波動理論には、以下の3つの側面があります。

  1. 波動のパターン・形状
  2. 波動の到達地点などを図る比率
  3. 時間

ここでは主に①波動のパターン・形状について見ていきます。

波動理論によると、相場の値動きは5つの上昇波と3つの下降波からなると言われており、それぞれの波には特徴があります(3波は一番長く5波は3波ほどの強さはない等)。

まずは下の図を見てください。

1波から5波までが上昇波(2波と4波は上昇における調整波)です。

注意
エリオット波動によると下落の場合はA,B,Cの3つの波があります。
エリオット波動自体が株式相場で得られた情報から成り立っていますので、下落は3つの波から構成されることになっていますが、2つの通貨の価格レートを示す外国為替市場においては下落のABC波は通用せず、下落も1~5波が相当すると言われています。

なお、この一つの波はさらに小さな波に細分化されるとしています。

例えば上昇波動の5つの波を細分化すると、25の波になります。
それをさらに細分化すると125の波となります。

これらの数字は全てフィボナッチ数列の数字と合致する・・・と言われています。

何となく理路整然としているようにも思えますし、波動理論ではこれ以外にも、上昇下降途中の調整波や、押し戻りの比率等のサイクルについても細かく説明されていますので、エリオット波動を信じてハマってしまう人も多いのが現状です。

エリオット波動理論のトレードにおける有効性

最後に、エリオット波動理論の有効性についてです。
あくまで私個人の見解ですが、控えめに言ってもトレードには活用しにくいと思っています。

その理由は以下の通りです。

  • 波の定義が曖昧
  • フィボナッチ通りに相場は動かない
  • 時間足の数だけ波があるのは迷いの元
  • 波動サイクルを見つけたところで勝てない

実際に検証すると分かりますが、エリオット波動を理解しようとするには膨大な時間が必要です。

では、エリオット波動を理解して勝てるのでしょうか?

実はそういうわけではありません。
エリオット波動はあくまでも理論。

しかも理論とは言っても、ランダム性の高い相場を無理矢理こじつけて理解しようとするものですから、なんとでも解釈できるのです。

ですから、エリオット波動が何となく理解できるのは過去チャートのみ。
リアルタイムで波動のサイクルを見つけるのは難しいですし、それが本当に理屈通りに動くかは別問題です。

 サイクルを見つけてもその後の動きが外れたら、「解釈が間違っていた」と考えるそうなのですが、ランダム性のある相場を最初から完璧に理解しようとすることが馬鹿げていると私は思います。

詐欺師に愛されるエリオット波動

エリオット波動は、詐欺師に愛されます。

なぜなら、全てが後付けでどんな解釈でもできるからです。
ネット上であり得ない程の高勝率を謳って自分の商材やオンラインスクルールを販売している人のブログやサイトで「エリオット波動」という文字が出てきたら、それはほぼ詐欺だと考えてもらってOKです。

購入したところで、エリオット波動が当てはまった都合の良いチャートを延々と見せつけられて終わるのがオチです。頑張って解釈しようとしても徒労で終わるでしょう。

私がエリオット波動理論は活用しにくいと言った意味が、お分かりいただけたでしょうか?
最後に、テクニカル分析の迷信という本でエリオット波動について痛烈に批判している内容がありましたので引用します。

データから理論を導き出したわけではなく、理論をデータに合わせただけだから、たとえエリオット波動理論の基本概念が間違っていようと、この分析手法が過去のデータにぴったりフィットするのは当たり前のことなのである。

最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が自作し、実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

このインジケーターは、「ピンバー」の中でも最も期待値の高いポイントのみでサインが出現します。

おすすめの記事