平均足を使ったことがあるでしょうか?

平均足は便利なインジケーターで、一目でトレンドの転換ポイントが分かる事から、よく初心者さんに使われますよね。トレンドを期待しての順張り手法で使われるのがとても一般的です。

しかし、平均足の重要性決して高くはないです。
今回は平均足は使う必要ない!という私の主張をまとめます。

平均足の弱点

平均足は相場の大まかな流れを分かりやすく示すため、「ローソク足よりも分かりやすい」と思っている方も少なくありません。確かにぱっと見では取っつきやすいイメージかもしれませんね。

しかし、平均足には弱点があります。致命的な弱点です。
それが以下の2点です。

平均足の弱点
  • ロウソク足の平均値に注目しているので雑な分析になっている
  • 実際のロウソク足が陽線であってもチャート上では陰線の表示になっている

 

平均足の致命的な所は、大雑把な分析で対処できる相場でしか使えない部分です。

下のチャートのように大きなスイングを描くときはそれなりに勝てるのですが、レンジ相場ではことごとく負けます。

また、平均足は見易さを追求したのは良いのですが、細かいロウソク足の分析ができません。
ピンバーや包み足など、特定の局面で非常に優位性の上がるプライスアクションが見えないのはかなり致命的と言えます。

そのために、そのままエントリーの判断の為に使うと、逆走するリスクが高いです。

その欠点をカバーする為に損切りを甘くしてしまうと、一回の負け分が大きいものになり、トレード手法としてはリスクの高いものになってしまいます。

この部分を修正するには、特殊なスキャルピングや厳しい損切り設定にするという手段もありますが、手法そのものが平均足を使う便利さを超えて複雑になってしまうという矛盾も出てきます。

エントリー判断の問題点

トレンド方向を見て、その方向に平均足の色が変わったらエントリー、というやり方があります。

どういうわけか多くのサイトで推奨されている平均足を使った押し目買い・戻り売り手法ですが、このやり方にも賛同できません。

なぜならある程度反発があったら平均足の色が変わるのは必然ですので、そのためにわざわざ平均足を表示させる必要なんてないのです。

例えば下のチャートをご覧ください。

赤い縦線を引いた箇所が平均足の色が変わった箇所です。
確かにその後は上げていますが、平均足だけがそれに感知できたのでしょうか?

下は同じ所のローソク足です。

ローソク足を見ると、大きな隠線をローソク足2本で包み込んでいます。
押し目買いのポイントを探っているのであれば、むしろローソク足を見た方が根拠もあり、確度のあるエントリーが可能なのです。

視覚は幻覚

平均足を表示させて見ると確かに面白いようにトレンドの転換ポイントが分かります。

それは、過去の静止したチャートに表示させているからです。

良く見ると全てのトレンド転換ポイントで成功するわけではないのに気づくはずです。失敗する箇所はだいたいレンジ的に動く相場です。

転換ポイント=トレンドには必ずしもならないというのは、ダマシがあるということです。

これはライブで見てトレードすると判断が非常に微妙なものです。
視覚的に実際に便利かどうか微妙だという矛盾したことになっています。

確率の高いトレンド転換ポイントは大きく動く箇所であって、小さい波でのトレンド転換ポイントは失敗する事が多いことに気づくと思います。

ところが、いつ大きなトレンドになるかを予測できていないと対処できません。
そういう予測はお構いなしに「とりあえずエントリーして損切りで対処」というのも一つの方法かもしれませんが、リスクはやや高めにならざるを得ません。

要するに、大きなトレンドが出たら負け分を取り戻してしまうという大雑把なやり方が効果的かもしれません。*これはロジックとして十分ですが、効率の良い手法かは別問題です。

平均足スムーズドはどう?

平均足はダマシが多い、それなら平滑化させたらどうだろうか?
という発想で産まれた「平均足スムーズド」というインジケーターがあります。

下のようなインジケーターです。

これは平均足を平滑化させているため、滑らかに推移する上にトレンドの切り替わりもゆっくりです。

ぱっと見では結構使えるように思えます。

しかし、このインジは平均足以上に遅延が生じます。
また現在のレートと平均足スムーズドの示す値は全く異なります。

つまり、平均足スムーズドは移動平均線で代用できるのです。
別にこれだから特別な優位性がうまれるというわけではありません。

類似のインジに平均足Exitというインジがあります。

これなんて線が太くなければ誰が見ても移動平均線です。
逆に見えにくくなるため、これを使いたいのであれば移動平均線を使うべきです。

まとめ

  1. ロウソク足分析ができるのなら平均足は必要なし
  2. トレンド転換ポイントを見るのなら移動平均線を使う方が良い

移動平均線はチャートを見やすくしてくれるような錯覚に陥ります。
しかし、ローソク足を使う方が明らかに優位です。

あなたは今のFX業者に満足していますか?

FXをやるならハイレバレッジ&ゼロカットのXMで効率よく稼ぎましょう。

当サイトよりXMの口座開設をされますと、私の利用しているオリジナルエントリーサインツールを差し上げます。

⇒XMの詳しい解説
⇒エントリーサインツールの詳細
⇒XMの口座開設方法について

 上のリンクをクリックする前に、ブラウザのキャッシュとクッキーを削除される事をお勧めします。
おすすめの記事