ラウンドナンバーという言葉をご存じでしょうか?

ラウンドナンバーとは、レートの最後の桁に0が付く価格のことです。
定義としては、ドル円であれば109円40銭、ユーロドルなら1.3980ドルなどがラウンドナンバーになります。

ラウンドナンバーはキリのいい数字のため、市場参加者に意識されやすい価格です。

今回は、ラウンドナンバーを利用したスキャルピング手法を解説していきます。

効果の高いラウンドナンバー

ラウンドナンバーの定義は、pips単位での最後の桁が0になる価格のことです。

ラウンドナンバーの例
ドル円なら109円40銭、ユーロドルなら1.3980ドル

これだと10pipsごとにラウンドナンバーが来ますので、それほど珍しくはありません。
しかし、下二桁が0になるダブルオーになると話が変わります。

ダブルオーの例
ドル円なら109.00円、ユーロドルなら1.3900ドル

ダブルオーは100pips間隔となりますので、非常にキリが良い数字です。
そのため、多くのトレーダーが意識する価格となり、その価格近辺に注文が集まりやすくなります。

その結果、ダブルオー付近で価格が反発しやすくなるのです。(ちなみに下三桁が000となる価格はトリプルオーと呼びます。例:110円00銭)

一例としてドル円週足をご覧ください。

黄色いラインがダブルオーの価格です。
どうでしょうか?黄色いラインで止まったり、ヒゲだけ残して反発したり・・・の動きが多いですよね。

同じドル円日足もご覧ください。

日足レベルだとよりダブルオーが意識されているのが分かるのではないでしょうか?

  • ラウンドナンバーに到達すると、反発しやすい
  • ラウンドナンバーを勢いよくブレイクすると、次のランドナンバーを目指す

こういった特徴が見て取れると思います。

ダブルオー付近で発生する渦

ダブルオー付近のレートでは以下のような注文が多く入っています。

  • 利食い
  • 損切り
  • 売りと買いの新規エントリー

加えて成り行きでエントリー&決済を考えているトレーダーも多く存在します。

こうなってくると、ダブルオー付近の価格は渦のようにレートを引き寄せ、そして跳ね返し、また戻ってくる・・・といた独特の値動きを見せるようになるのです。

ダブルオー付近の値動きを1分足で見ると、それが顕著に分かります。

つまり、ダブルオー付近では以下のような値動きが観測されます。

  • ダブルオー付近まで来ると(10pips付近まで来ると)ダブルオーに吸い込まれるように近づく
  • ダブルオーをブレイクしても、少なくとも1度は戻ってくる

これは目立った水平線でも同じことではありますが、ダブルオーは誰が見てもわかる価格のため、より顕著な動きをします。

ラウンドナンバーを使ったスキャルピング戦略

では、お待ちかねのダブルオーを利用したスキャルピング戦略について解説します。

やり方は3つあります。

  • ダブルオーに近づく動きを狙う
  • ダブルオーからの反発を狙う
  • ダブルオーブレイク後の戻りを狙う

ダブルオーに近づく動きを狙う

価格はダブルオーに近づくような値動きを見せます。

まずは、その日はじめてダブルオーから±10pips離れた価格(ドル円なら○○円95銭、もしくは○○円5銭)に到達してくるのを待ちます。

この価格まで来たら、ダブルオーの方向へエントリーします。

このチャートでは154円95銭に来たところでエントリーして、155.00円で利食いしています。

154.95銭に来るまでの流れが上昇トレンドだったら、かなり勝率が高くなります。

損切りは-5pipsで行います。

ダブルオーからの反発を狙う

ダブルオーに到達した足が、終値でダブルオーをブレイクできずにヒゲだけを残した場合、高確率で反発します。

この場合は逆張りでエントリーします。

このチャートでは、153.00円に到達した足が下ヒゲを残しました。
これは反発しやすいパターンですので逆張りエントリーします。

利食と損切りは5pipsを目安とします。

ダブルオーブレイク後の戻りを狙う

ダブルオーを勢いよくブレイクしても、一度は再度ダブルオー付近まで戻すことが多いです。

この傾向を利用して仕掛ける手法です。

このチャートでは、ダブルオーを勢いよくブレイクしましたが、153円10銭はブレイクできずに陰線が確定しました。

ここで勢いが落ちたと考えて逆張りのショートを入れます。
(153円10銭もブレイクしていたらエントリーは見送ります)

利食いは5pips順行した所で行い、損切りは153円10銭をブレイクしたら行います。

3つの中では一番難易度が高いですので、まずは最初の2つをマスターして、最後にこのやり方でエントリーすることをお勧めします。

ラウンドナンバーに自動で水平線を引くMT4インジ

ラウンドナンバー、特にダブルオーを見つけるのは超簡単です。
下2桁が0になる価格を探すだけなので、誰でもできますし、チャートソフトによってはあらかじめダブルオーにラインが引いてあるものもあります。

しかし、MT4にはデフォルトではその機能が付いていません。
グリッドを表示することはできますが、グリッドはチャートの縮尺によって価格が違うので参考にならないのです。

そこで、超使えるラウンドナンバーを表示するインジをご紹介します。
それが「Round_Number_Levels_on_off」です。

このインジケーターをチャートにセットすると、チャート左上に100、50、25と書かれたボタンが表示されます。

例えば、100のボタンをクリックするとしも二けたが00となる価格、つまりはダブルオーに水平線が表示されます。

もう一度100をクリックするとラインは消えます。
50をクリックすれば、下二桁が50の価格に、25をクリックすれば下二桁が25の価格にラインを表示します。

本手法では100のボタンしか利用しませんが、非常に便利なインジケーターです。

最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が自作し、実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

このインジケーターは、「ピンバー」の中でも最も期待値の高いポイントのみでサインが出現します。

おすすめの記事