FX市場において、定期的に各国から発表される経済指標は今後の相場の方向を示す重要な情報となります。

テクニカルトレーダーはチャートが将来の全てを照らすと考えてしまいがちですが、最終的に相場の方向を決めるのはファンダメンタルズです。

経済指標は、明確で比較しやすいい数値として市場参加者にファンダメンタルズの現状を伝えます。
FX市場で重要な経済指標には下記の様な種類があります。

  • GDP
  • 物価
  • 雇用
  • 国際収支
  • 生産

今回はこの中でも最も意識される米国雇用統計と発表後のトレード戦略について解説します。

雇用統計発表時は相場が良く動く!と言うことは知っていても、実際に何を伝える指標なのか?についてはぼんやりとしか理解していない人が多いのが現状です。

雇用統計について詳しくなると、相場に対する理解が深まります。

米国の雇用統計とは?

米国雇用統計とは文字通り、アメリカの雇用状況を発表する指標になります。

調査&発表するのはアメリカの労働省で、具体的には下記の雇用状況についての月ごとの統計になります。

米国雇用統計

  • 失業率
  • 非農業分野雇用者数
  • 平均時給
  • 製造業就業者数
  • 小売り就業者数
  • 金融機関就業数
  • 週労働時間
  • 平均時給
  • etc

雇用統計は基本的に月の1週目の金曜の22時30分(冬時間)もしくは21時30分(夏時間)に発表されます。

ADPk雇用統計?
似たものにADP雇用統計があります。

ADP雇用統計は、アメリカの民間企業であるADP社が独自に調査して発表する雇用統計です。アメリカの雇用統計よりも2日早く発表されるため、先行指標として注目されています。

米国雇用統計が注目される理由

雇用統計が注目される理由は、FRBの金融政策の判断材料になるためです。

アメリカの経済政策の目標は雇用の維持を重要視しています。
雇用統計の結果が金融政策の動向を左右する大きな材料になるのです。

そしてアメリカは世界最大のGDPを誇る国で、基軸通貨であるドルを発行する国ですから、アメリカの金融政策は世界中の市場を動かす主要因となります。

米国雇用統計は10項目について発表されますが、その中で最も注目を集めるのが非農業分野雇用者数(NFP)になります。

NFPが前月と比べてどうなのか?予測値と比べてどうなのか?で相場が動くのです。

非農業部門雇用者数(NFP)について

非農業部門雇用者数とは、その名前の通り農業以外の事業所の給与支払い名簿に記載されている人数のことを指します。

非農業部門雇用者数は、米国のGDPの8割ほどをカバーするため、非常に大きなインパクトを持つのです。

軍事及び情報サービス、自営業者、民間世帯の雇用者は含まれていません。

NFPは前の月に比べて何万人増えたか、減ったかで示されます。
終身雇用体制がまだまだ主流の日本と異なり、米国は雇用形態が流動的で、景気の状況により積極的に採用とリストラを行います。

そのため、景気が良くなると判断すると雇用を増やし、景気が悪くなると判断すると、従業員をリストラしたり、採用数を減らすなど雇用調整を行います。

こうした背景から、非農業部門雇用者数の増減が米国の景気先行指数として使われるのです。

非農業分野雇用者数の読み方

NFP発表後の動きについては、予想値と前月値との違いによって異なります。

例えばNFPの予想が15万人増に対して、20万人増であった場合は市場の期待値を上回るため、ドルが買われます。

FRBの金融政策がこれから金融引き締めに動く(=利上げに向かう)という憶測から、金利が高くなることを期待してドルが買われるのです。

一方で市場の予想を下回ると、FRBが金融緩和(=利下げ)を行うとの思惑が生まれ、ドルが売られます。

これと同じく、前月比で大きく改善すればドルは買われますし、一気に数字が悪くなればドルが売られます。

この考え方が雇用統計発表時の基本となります。

雇用統計でトレードをするテクニック

トレード初心者の方は、米国雇用統計発表前から発表直後にかけてはポジションを持たないことをお勧めします。

雇用統計結果はまだわかっていませんし、スプレッドも大きく広がるためリスクが大きくなるからです。

その一方で発表後はトレードすることが可能です。
戦略としては以下の2点があります。

雇用統計発表後の戦略

  • 値動きが強い方にポジションを取り、短期トレード(順張り)
  • 大きく上下しただけなら逆張りする

値動きが強い方にポジションを取り、短期トレード(順張り)

この戦略では発表後に生じた強いトレンドに乗り、順張りでスキャル的なトレードを繰り返します。

結果が前月比でも予測値よりも良好で、発表後の動きもそれまでとは比べ物にならないくらい大陽線や大陰線が出ていたらエントリーしていきます。

これが理想的な順張りのチャートです。(5分足)
ボラティリティが上がっていますので、損切り幅は広めにして早く決済していきましょう。

また、場合によっては戦略的なナンピンを入れるのもOKです。

大きく上下しただけなら逆張りする

発表後、下げたと思ったら上げて、また下げて・・・と迷いのある動きをすることがあります。

この時の結果も前月比や予測値とは大差なかった場合は、その後の動きから逆張りすると勝ちやすいです。

上のチャートは5分足での赤い四角が雇用統計発表後の足です。

実体が小さく、上と下にヒゲが伸びていますよね。
こんな足が出たら、次の足が確定したら逆方向にエントリーします。

上のチャートでは上げていますのでショートします。
ある程度下げたところで利食います。

また、このような動きの場合は結果的には発表前のレートに戻ってくることが多いですので、次は下げた時に逆張りでロングを仕掛けましょう。場合によってはナンピンを入れるとより勝ちやすくなります。

発表後の動きを見て仕掛け方を考えよう

雇用統計発表後の仕掛け方は、発表結果と市場の反応を見て考えます。

市場の反応はローソク足にも反映されますので、このトレードをする場合は必ず過去のチャートと結果を比較しながら検証してください。

上手くなると、雇用統計の日が月1回のボーナスチャンスになりますよ!

最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が自作し、実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

このインジケーターは、「ピンバー」の中でも最も期待値の高いポイントのみでサインが出現します。

おすすめの記事