FX口座が凍結された・・・。

ネット上ではこんな話が結構見つかります。
良くあるのがスキャルピングのやり過ぎによる口座凍結ですね。

国内業者ではD○MとかGM○クリックとかで年に数回口座凍結祭りが起きて、ツイッターでは阿鼻叫喚の嵐になっていますよね。
では、何で口座凍結祭りが起きるのでしょうか?

国内業者が顧客の口座の凍結をする理由

国内業者が頻繁に顧客の口座を凍結する理由は、「業者側に損失が出ているから」です。

損失となる一番の理由がDD方式(簡単に言うと呑みをやっている)から。

呑みとは顧客の注文をインターバンクに流さない事を言います。
業者は顧客同士の売りと買いのポジションをマッチング(マリー)させたりして利益を出しているのですが、ポジションの全部をマッチングさせることは出来ないので、一部については「顧客の利益=業者の損失」となります

重要なのでもう一度言います。
「顧客の利益=業者の損失」です。

もちろん全部が全部そうではないのですが、特に数秒から数分でエントリーからエグジットが完結する「スキャルピング」の場合は、FX業者側もポジションのマッチングが出来ずに、顧客のポジションのリスクを全て請け負わなくてはいけないようです。

その結果、「スキャルピングで利益を出す客=自社に損失をもたらす客」となり、口座を凍結して追い出す事になるのです。

このとき、業者側は「ツールを使って不正に取引した」と言ってきます。
私の知り合いも口座を凍結されましたが、ツールを使った不正な取引なんてやっていません。

ただ普通にスキャルピングをやって利益を出していただけです。
なのに、口座凍結するのです。

勝手なモノですね。

利益を出しても口座凍結されない業者は?

国内業者のほとんどが呑みをやっているので、多くのケースで「顧客の利益=業者の損失」となりがちです。

では、上記の式が成り立たない業者はあるのでしょうか?実はあるのです。それがNDD方式という形体を取っている業者です。

NDDとはノン・ディーリング・デスクの意味で、顧客の注文を全てインターバンクに流す事を言います。

NDDの場合、顧客の注文を全部インターバンクに流すので、業者は顧客とインターバンクを結びつける「仲介役」に過ぎません。

ですから、顧客と業者の利益相反は起きませんので口座凍結にはならないのです。
業者の利益はインターバンクレートに少し上乗せされるスプレッドか取引手数料になりますので、トレーダーがトレードすればするほど利益が上がる仕組みです。トレーダーが損しようが得しようが関係ないのです。

私がオススメする海外業者のXMもNDD方式をとっていますので、不条理な理由で口座凍結をしてくることはありません。

なんで全部の業者がNDDにしないの?

上の解説を読まれたのであれば、NDDの方が絶対に良いと思うことでしょう。

ですが、NDDには欠点があります。
それはどうしてもスプレッドが広くなること。

NDD方式を採用する業者はインターバンクレートに少しスプレッドを加味してレートを配信します。このスプレッド分が業者の利益になるため、スプレッドは広めです。

一方で国内業者に多いDD方式は、スプレッドよりも呑みで利益を出すので、スプレッドは狭く出来るんですね。

このような理由で国内業者海外業者と比べると明らかにスプレッドが狭いのです。

でも、レートの透明性や顧客との利益相反の関係性を見ると・・・不安がありますよね。
実際、海外業者で取引をはじめる人の多くが国内業者に不安や不満に持ったことがきっかけのようです。

実は国内業者は信用できるようで信用できなかったりするのです。

XMでトレードしませんか?

おすすめの記事