今回はヒドゥンダイバージェンス(hidden divergence)について解説します。

ヒドゥンダイバージェンス?
ダイバージェンスなら知ってるけど・・・

という方も多いのではないでしょうか?

ヒドゥンダイバージェンスのヒドゥン(hidden)は『隠された』という意味ですので、ヒドゥンダイバージェンスは『隠されたダイバージェンス』ということになります。

では一体何が隠されているのでしょうか?
そしてヒドゥンダイバージェンスは通常のダイバージェンスとどう違い、どう使えばいいのでしょうか?

今回はこういったことについて詳しく解説します。

ヒドゥンダイバージェンスと通常のダイバージェンスの違い

まずはヒドゥンダイバージェンスに解説する前に、通常のダイバージェンス(レギュラーダイバージェンス)についておさらいしましょう。

レギュラーダイバージェンスについて

ダイバージェンスの流れをご覧ください。

レギュラーダイバージェンスは

  • 価格が高値を切り上げているのに、オシレーターは高値を切り下げている
  • 高値が安値を切り下げているのに、オシレーターは安値を切り上げている

という価格とオシレーターの流れが一致しない現象のことを言います。
そして、ダイバージェンスが見られるようになると、トレンドは反転しやすいとされています。

つまり、レギュラーダイバージェンスはトレンド転換を示すサインとして使われます。
これが重要な点です。

ダイバージェンスを使ったトレード戦略については、以下の記事をご覧ください。

ヒドゥンダイバージェンスについて

レギュラーダイバージェンスはトレンド転換を示しますが、ヒドゥンダイバージェンスはトレンド継続を示すサインとして使われます。

超重要!
  • レギュラーダイバージェンス:トレンド反転を示す
  • ヒドゥンダイバージェンス:トレンド継続を示す

では実際にに見ていきましょう。

ヒドゥンダイバージェンスは

  • 価格が安値を切り上げているのに、オシレーターは安値を切り下げている
  • 価格が高値を切り下げているのに、オシレーターは高値を切り上げている

という状況のことを言います。
ヒドゥンダイバージェンスになると、このままトレンドが継続します。

そのため、「上昇トレンド中の押し目にヒドゥンダイバージェンスが発生したら買い、下降トレンド中の戻しにヒドゥンダイバージェンスが発生したら売り」というトレード戦略になります。

ヒドゥンダイバージェンスの具体例

それではヒドゥンダイバージェンスの具体例を見ていきましょう。
ここでは複数のオシレーターでヒドゥンダイバージェンスをご紹介していきます。

RSIのヒドゥンダイバージェンス

まずはダイバージェンスによく使われるRSIからです。

これはRSIヒドゥンダイバージェンスの買いパターンです。

価格は安値を切り上げている一方で、RSIは切り下げています。
しかもRSIは「売られすぎ」のレベルにまで来ています。

つまり、「ヒドゥンダイバージェンス+売られすぎ」という条件がそろっていますので、絶好の押し目買いのチャンスになります。

 
次はRSIヒドゥンダイバージェンスの売りパターンです。

価格は高値を切り下げている一方でRSIは値を切り上げています。
しかもRSIは「買われすぎ」のレベルにまで来ています。

このようにしっかりと条件がそろっていたら、ヒドゥンダイバージェンスとなる可能性は高まり、トレンドが継続しやすくなるのです。

他にもRSIのヒドゥンダイバージェンスの例をご覧ください。

MACDのヒドゥンダイバージェンス

MACDはヒストグラムですが、考え方はRSIと同じです。

MACDヒドゥンダイバージェンスの買いパターンです。

最初の安値より次の安値の時の方がヒストグラムが下にあります。
これも絶好の押し目買いのチャンスになります。

 
次はMACDヒドゥンダイバージェンスの売りパターンです。

赤いラインを結んだポイントでは、価格の方はダウントレンドの中で高値を切り下げている一方で、MACDは上昇しています。

やはりこれも絶好の売り場となっています。

それでは他のMACDヒドゥンダイバージェンスもご覧ください。


ストキャスティクスのヒドゥンダイバージェンス

ここまで来たのであれば、ストキャスティクスのヒドゥンダイバージェンスも簡単です。

上昇トレンド中に安値同士を結んで、右側の安値のレートが高く、その一方でストキャスの値は小さかったらヒドゥンダイバージェンスです。

この際、ストキャスが下限にあれば最高の買い場となります。

 
次はストキャスティクスヒドゥンダイバージェンスの売りパターンです。

ダウントレンド中に高値同士を結んで、右側の高値のレートが高く、その一方でストキャスの値は大きかったらヒドゥンダイバージェンスです。

買いと同じ考え方で、ストキャスが上限にあれば最高の売り場です。

それではその他のストキャスティクスのヒドゥンダイバージェンスもご覧ください。

ヒドゥンダイバージェンスのまとめ

最後にヒドゥンダイバージェンスについてまとめます。

  1. ヒドゥンダイバージェンスはトレンド継続を示す
  2. 上昇トレンド中の安値同士を比較する
  3. 下降トレンド中の高値同士を比較する
  4. 通常のダイバージェンスよりも見つけにくく、頻度は少ない

ヒドゥンダイバージェンスは「hidden」の名前の通り少し見つけにくく、発生頻度も少ないのが難点です。

しかしその一方で通常のダイバージェンスよりも精度が高く、オシレーターを利用した押し目買いや戻り売りをする際に重宝します。

どのオシレーターでもヒドゥンダイバージェンスは確認できますので、あなたの好みのオシレーターで検証してみてください。

最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が自作し、実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

このインジケーターは、「ピンバー」の中でも最も期待値の高いポイントのみでサインが出現します。

おすすめの記事