今回はRSIにボリンジャーバンドを表示するMT4インジケーターとその使用方法・手法について解説します。

RSIは言わずと知れたワイルダー氏によって考案された超有名オシレーターです。
これにジョン・ボリンジャー氏の考案したボリンジャーバンドを追加すると、最強レベルのインジケーターが完成します。

これがRSIボリンジャーバンドです。
RSIの値を利用してボリンジャーバンドを求めた指標です。

トレンドフォローやレンジの逆張りに非常に使えますし、本記事でもいろいろなテクニックをご紹介します。

RSIボリンジャーバンドを表示する方法

RSIボリンジャーバンドは、手順を踏めばカスタムインジケーターは必要ありません。

しかし、表示する作業が少し煩雑ですし、カスタムインジケーターを使った方が機能が豊富でより使いやすいですので、私はカスタムインジの方を使うことをお勧めしています。

もし、デフォルトのMT4だけで表示したい場合は以下のサイトが参考になります。

RSIにボリンジャーバンドを表示するとチャート分析精度が爆上がりする!

RSIボリンジャーバンドを表示するMT4インジケーター

私が推奨するRSIボリンジャーバンドを表示するMT4インジケーターをご紹介します。

それが以下のインジケーターです。

普通にRSIボリンジャーバンドを表示するだけでなく、

  • マルチタイム対応
  • バンドブレイク時が分かりやすい
  • サインが出る

など様々な機能が追加してあります。

とりあえずダウンロードしてチャートに表示して見ましょう。

ちょっと見にくいですよね・・・。
意味が理解できれば、これはこれで凄く便利なチャートなんですが、最初は分かりにくいと思いますので、設定を変更していきます。

チャート設定

重要な変更ポイントは以下の通りです。

  • TimeFrame:表示する時間足
  • RSIPeriod:RSIの期間
  • BandPeriod:バンドの期間
  • BandDeviation:バンドの偏差
  • verticalLinesVisible:縦線の表示
  • alerts…:アラート関連
  • ShowArrows:矢印の表示

上記の中の

  • verticalLineseVisibleをfalse
  • ShowArrowsをfalse

にすると、RSIボリバンのみが表示されるようになります。

期間等のパラメーターについては、個人的以下がオススメです。

  • RSIperiod(RSIの期間):14
  • BandPeriod(バンドの期間):20
  • BandDeviation(バンドの偏差):2

マルチタイム表示をする

このインジケーターでは、上位足のRSIボリンジャーバンドを表示できます。

インジケーターの設定項目内の「TimeFrame」をダブルクリックして、表示したい時間足を入力します。入力する値は、「分」で入れてください。

  • 15分足を表示したい場合:15と入力
  • 1時間足を表示したい場合:60と入力
  • 4時間足を表示したい場合:240と入力
  • 日足を表示したい場合:1440と入力

15分足チャートに1時間足のRSIボリバンを表示したのが下のチャートです。

上位足のRSIボリバンも見られます。
用途によっては超便利なので、こんな機能もあることを知っておいてください。

バンドブレイクで縦線表示

このインジケーターを最初に表示した時ラインやらサインやらでちょっとわかりにくかったと思います。

全部非表示でも十分使えると思いますが、ラインやサインを使うことでトレードポイントが分かりやすくメリットがあります。

まずは縦線です。
チャート設定内の「verticalLinesVisible」をtrueにすると表示されるこの縦線は、RSIがボリバンを上抜け・下抜けしたタイミングで表示されます。

意味が分かると超便利な機能です。
バンドブレイクで逆張りを仕掛けたり、一つの節目を見極める時に使えるので最高です。

矢印とラインを利用して高勝率トレードを仕掛ける

最初に設定した時にサインが出たと思います。
このサインは、RSIとボリンジャーバンドがクロスしたタイミングで出現します。

サインに頼ってエントリーしていても勝てないのですが、

  • RSIが上のバンドをブレイクしたら買いシグナルだけでエントリー
  • RSIが下のバンドをブレイクしたら売りシグナルだけでエントリー

というルールにするだけで、勝率がグンとアップします。

つまりは、RSIがボリンジャーバンドを上抜けしたら買い目線、下抜けしたら売り目線とする戦略です。

これは非常に使える戦略で、私の知り合いのトレーダーもこのノウハウを使って利益を出し続けています。

ボリンジャーバンドとRSIボリンジャーバンドを組み合わせる

RSIボリバンを使うのなら、ローソク足にもボリバンを表示しましょう!

こうすることで、より確度の高いエントリーポイントが見えてくるのです。

インジケーターの設定パラメーターは以下の通りです。

  • ローソク足チャート部分のボリンジャーバンド:20期間、偏差は2σ
  • RSI:14期間
  • RSIボリンジャーバンド:20期間、偏差は2σ

注目ポイントは、ローソク足がボリバンの2σ(-2σ)に到達した時に、RSIもボリバンの2σ(-2σ)に到達した時です。ここは絶好の逆張りポイントになります。

黄色い矢印を置いたところがエントリーポイントです。
高値と安値を切り上げる流れの中で、エントリー条件を満たしたらもう最強です。

売りの場合も同じです。

コツコツと良いポイントで取れているのが分かりますよね。

この手法の一番の利点は低リスクのエントリーが出来る!ということです。
「これから反転するよ!」というポイントで入っていきますので、損切り幅がとても小さくなります。

さらにトレンド方向でエントリーしてやれば多くのリワードが見込めますので、とても効率の良いトレードが出来ます。

まとめ

今回はRSIボリンジャーバンドのインジケーターや具体的なテクニックについて解説しました。

どちらかと言えば短期トレード向けですが、上位足に表示してピンポイントで反転するところを見つけて、下位足で狙っていく・・・といったやり方でも使えます。

汎用性が高いので色々と検証して試してみてくださいね。

最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

相場のうねりを見事に取れるインジケーターピンバーの中でも最も期待値の高いポイントだけでサインが出るインジケーターです。

おすすめの記事