ニュースや新聞などで円安や円高という言葉を良く聞きます。
時には、「大幅な円安」なんていう事もありますね。

この円安円高という言葉は無視した方が良いです。
なぜなら、価格は常に適正であるからです。

円高・円安は相対的なモノに過ぎない

少し前の話になりますが、2002年にはドル円は134円付近にあり、そして2011年にはドル円は76円になりました。

2018年の為替相場から判断すると、ドル円134円は円安ですし、76円は円高です。しかし、もしドル円が150円だったとして、そこから134円になれば円高と言われます。

逆にドル円が50円だった場合には、76円になれば急激な円安と言われるでしょう。

つまり、円安円高とは、あくまで以前の価格に対して安くなったか高くなったかということを表しているだけにすぎません。

価格は常に変動しています。
動く理由は色々とありますが、テクニカルを使ってトレードする以上は、現在の価格レートこそが絶対的に正しく、「安すぎる」とか「高すぎる」という感覚は持ってはいけません。

今後ドル円が200円になっても、50円になっても、そのタイミングにおいてはその価格が適正であるということを忘れないようにしましょう。

値ごろ感を持ってしまうと・・・

値ごろ感を持ってしまうと「そろそろ円安すぎるから、そろそろ売ってみよう。」とか「ここまで円高になれば上がるだろう。ドル買いだ。」などという値ごろ感トレードをしてしまうことになります。

チャートを見ていて、ドーンと下げると買わずにはいられない人もいるのではないでしょうか?
でも、このようなトレードをしても勝ち組にはなれません。

「安いから買う」という感覚的な取引は、スーパーの商品を買うときくらいにしておきましょう。

トルコリラショックの話

2018年はトルコリラが何かと騒がれた1年でした。
トルコリラ円は、長らく下落が続いており、さらには高金利通貨ということもあって、以前からスワップ派には人気の高い通貨ペアでした。

そんなトルコリラ円ですが、2018年には30円を割りました。
この時は、多くのトレーダーがトルコリラ円が「割安だ!」と考えてロングしたようです。

しかし、そのまま下落は続き、8月には価格は20円をも下回りました。

この時多くのトレーダーが損失を出したといわれています。

中にはスワップ目的で大量にトルコリラ円のロングポジションを持っていた人が3000万円以上をすっ飛ばしたケースもあったそうです。

値ごろ感でトレードして数千万円を失ったトレーダー

値ごろ感だけで取引して損失を出すのは初心者に良くありがちなことです。

ただ、初心者はそこまで多くの資金を賭けないので、傷も比較的浅めですが、中には数千万円単位を値ごろ感トレードで失う人もいます。

その中で有名なのがオレ的ゲーム速報の管理人のJinさんです。

彼はこれまでのトレードのほとんどが「値ごろ感」での取引でした。
様々な銘柄に対して「安くなったから買う」と言った方針でトレードして、時には大きな利益を上げたこともありましたが、結果的にはそれ以上の損失を出しています。

トレードでは自分なりの取引基準を持つ必要があります。
それなしで感覚的な取引を続けば、当然ながら損失を出します。

なぜなら、相場の世界は、人が感覚で取引すれば負けるように出来ているからです。

あなたは今のFX業者に満足していますか?

FXをやるならハイレバレッジ&ゼロカットのXMで効率よく稼ぎましょう。

当サイトよりXMの口座開設をされますと、私の利用しているオリジナルエントリーサインツールを差し上げます。

⇒XMの詳しい解説
⇒エントリーサインツールの詳細
⇒XMの口座開設方法について

 上のリンクをクリックする前に、ブラウザのキャッシュとクッキーを削除される事をお勧めします。
おすすめの記事