私が日々のトレードで実践している具体的な資金管理戦略をご紹介します。

以前の記事で、優れた資金管理手法の条件とて以下の2つを挙げました。

  • トレードを続けても破産しない資金管理であること
  • 勝つときには資産が大きく増えること

簡単に言えば、1回のトレードリスクを取りすぎず、コツコツと複利の力を利用して資金を増やしていく、という王道的な戦略です。

私の具体的な資金管理戦略

私が実践している資金管理のルールは、結構保守的だと自分では思っていますが、その分だけ不調の時に効果が現れやすく、優れている資金管理ではあると思っています。

資金管理の本質
資金管理の本質は、「負けが続いているときに、いかに損失額を減らすか」だと個人的には考えています。

まず1回のトレードでリスクにさらす資金は、証拠金の2%を絶対に超えないようにしています。これは破産確率を下げるためです。

もっと具体的にいうと、私は相場によってスキャル、デイトレ、スイングトレードを使い分けており、それぞれのスタイルによってトレードリスクを決めています。

トレードスタイル 1回のトレードで取る最大リスク
スキャルピング 証拠金の0.5%
デイトレード 証拠金の1.0%
スイングトレード 証拠金の2.0%

ポジション保有期間が短いほど取るリスクを減らしている理由は、トレード頻度が多くなるとその分だけストレスも多くなるからです。

ストレスが多くなると、トレードの精度も落ちますし、トレード中にメンタルが崩壊する可能性も否定出来ません。これがトレードの最大のリスクだと私は考えています。

私はトレード歴が10年以上あり、トレード中に暴走してしまうことは少なくとも、ここ7年以上は経験していません。しかしそれでも「暴走しないとは言い切れない」と考えて、日々トレードしています。
相場では何事も起こりうる、というのがモットーですので。

ロットサイズの決め方

トレードでエントリーする際には、まず直近高値安値や意識されるであろう、サポートレジスタンスラインなどから少し離れた場所に損切り位置を決めます。

そしてエントリーポイントから損切りラインまでの距離(pips)を測定して、ロット数を決めます。

つまり、損切りまでの距離によってトレードのLot数を変動させるのです。

例えば、証拠金100万円でデイトレ用のポジションを取る場合は、1回のトレードでとるリスクは最大1万円(100万円の1%)となります。

ドル円やクロス円の場合では、損切りまでの距離が10pipsならば10万通貨でエントリーし、20pipsであれば5万通貨でエントリーします。

この戦略の優れている点は、ボラティリティに関係なく金銭的な損失が一定に保てるところです。

どのトレードも固定ロットでトレードをしていると、急激にボラティリティが開いたときに「損切りに合ったらどうしよう・・・」と思って躊躇してエントリー出来ない事があります。

しかし、損切り幅に合わせてロットを変動させる戦略だと、常に金銭的リスクが一定なのでいつもと同じようにトレード出来ますし、負けたときの精神的な苦痛も大きくはならないのです。

優れた資金管理戦略は、トレード中のメンタルにも大きな影響を及ぼすのです。

実際にやってみると、その威力に驚くはず

私の周りには、多くのトレーダーさんがいます。

そのトレーダーさんの中で、勝てていない人に資金管理方法を聞くと、損切り幅に関係なくロットサイズを固定しているケースが非常に多いです。

このやり方だと、毎回のトレードリスクを一定に保つことが出来ません。
すると場合によっては1回のトレードで証拠金の5%以上をリスクにさらしてしまったり・・・と非常に危険なトレードをすることにも繋がります。

固定ロットの資金管理の場合、大きく勝てた場合は問題ありませんが、大きく負けたときのダメージが非常に大きいです。ですから、私は損切り幅に合わせてロットサイズを変更する方法をオススメしています。

その威力と効果は実際にやってもらえば分かるはずです。

おすすめの記事