FX市場全体のボラティリティの低下続く中で、ボラティリティの高いゴールド(XAU)の人気が高まっています。

ゴールドはその名前の通り「金」の取引で、我々にとってもなじみの深いCFDです。

Twitterを見ても「ゴールドのトレードで○○万円プラス!」といったツイートをよく見かけるため、FXトレーダーの中にもゴールドが興味ある人も多いと思います。

そこで本記事では

  • ゴールドのトレード方法
  • ゴールドの特徴や注意点
  • ゴールドの値動きの読み方

について解説していきます。

ゴールドはボラティリティが高くトレンドも出やすいので、ハイレバレッジと組み合わせることで短期間で大きな利益を狙うこともできます。

ただし、知識を持っておかないと一気に資金を飛ばしてしまう危険性もありますので、正しい知識を持ってトレードしましょう。

ゴールドのシンボルについて

XAUが金

FXではアメリカドルは「USD」、日本円は「JPY」、ユーロは「EUR」といった感じでアルファベット3文字で通貨名を示します。この表記方法を通貨コードと呼びます。

通貨コードは世界共通でISO 4217で定められています。

ゴールド(金)の通貨コードは「XAU」で表記されます。
意味としてはXは貴金属のコードであることを示し、AUはゴールドの元素記号になります。

ちなみに他の貴金属の通貨コードは以下のようになります。

  • 銀:XAG
  • プラチナ:XPT
  • パラジウム:XPT

ゴールドに関する基礎知識

FXの通貨ペアと同じく、ゴールドで取引する際は通貨ペアで取引することになります。
例えばXAUUSD(ゴールド/ドル)、XAUJPY(ゴールド/円)といった形です。

ゴールドの通貨ペアは通貨の数だけペアがあることになりますが、FXやCFDで最も取引されるのがXAUUSD(ゴールド/ドル)になります。

ゴールドのpipsについて

ゴールドの価格は1000ドル以上ですので、ユーロドルやポンドドルと比べると桁が3つほど異なります。

そのため、XAU/USDとEUR/USDやGBP/USDのpipsの数え方も異なります。

具体的に解説していきます。

ユーロドルやポンドドルの1pips

ユーロドルやポンドドルといったドルストレートの通貨ペアにおける1pipsは、小数点4桁目の値になります。

そもそもpipsとは「percentage in point」の略で発行されている実通貨の最低額の100分の1を意味します。

例えば米ドルで言えば、ドルの下にセントがあります。
1ドル=100セントです。

この1セントの100分の1が1pipsになりますので、ドルの小数点4桁が1pipsになります。

これと同じ理由で、円については発行されている実通貨の最低額は1円ですから、その100分の1である1銭が1pipsになるのです。

ゴールドドルの1pips

通常の通貨ペアでは1pipsは10000分の1ドルが1pipsでした。

しかし、これだと1gの価格が1000ドル以上のゴールドでは動きが小さすぎます。

そこでゴールドドルでは、1pipsの値幅は10分の1ドル、つまりは10セントとなっています。

ゴールドでトレードする人は最初は戸惑うかと思いますが、0.1ドルが1pipsになることを覚えておいてください。

ゴールドの特徴について

ゴールドの大きな特徴であり魅力となっているのが「ボラティリティが非常に大きい」ことです。

ボラティリティが大きい通貨として「ポンド」がありますが、そのポンドをしのぐボラティリティがゴールドにはあるのです。

1日平均して200pips以上は動きますし、日によっては軽く500pips以上は動きますので、大きな利幅が狙えます。

しかしその反面、資金管理に失敗すれば1回のトレードで大きな損失を被ることもあります。

ボラが大きい=トレードで絶対的に有利というわけではありませんので、適切な資金管理戦略とそれに合った手法を使いながらトレードすることが非常に重要になります。

ゴールドをトレードする際の注意点

ゴールドは通常の通貨ペアと少し異なる性質があります。
そのためFXに慣れている人でも注意しておくべき項目が3点あります。

  • 低ロットでトレードする
  • 世界経済のニュースについて敏感になり、常に確認しておく
  • トレンドが出やすいので基本は順張りでやる

それぞれについて解説します。

低ロットでトレードする

前述の通り、ゴールドのボラティリティはFXの通貨ペアとは比べ物にならないくらいボラが高いです。

これはメリットにもデメリットにもなります。

メリットになる点としては、ボラが大きいためスプレッドに対して大きな利幅を狙いやすくなることが挙げられます。

例えば、XMでドル円のスプレッドは0.7~1.0pipsで、ゴールドドルのスプレッドは約4.0pipsです。

この数字だけを見ればゴールドドルのスプレッドが広すぎて話になりませんが、1日の値幅を考慮すると考えが変わります。

最近のドル円は1日に50pipsも動かない日もしばしばですが、ゴールドドルは平均して250pips以上、動く日は軽く500pipsは動きます。

ボラティリティとスプレッドを考えると、ゴールドのスプレッドは相対的に安くなるのです。

一方でデメリットとしては値幅が大きいため、ドル円などの通貨ペアと同じ感覚のロットでトレードしたら大やけどをします。数分で100pips程度動くこともザラです。

ゴールドでトレードする際は、ロットをかなり下げてやらないと、簡単に口座資金が飛びますので注意してください。

世界経済のニュースについて敏感になり、常に確認しておく

ゴールド(金)はいつの時代でも安全資産として認識されており、世界中でトレードされています。

そのため、世界経済の動きに影響を受けやすいです。

例えば、どこかの国で戦争が起こってしまった場合、安全通貨であるゴールドが買われやすくなりますし、逆に、世界経済が安定してくると、金は売られやすくなります。

また、それだけではなくゴールドは工業製品にも使われます。
「金」金属ながらも化合しない非常に安定した物質で、柔らかく加工しやすい優れた特徴も持っています。

特に現在のIT社会ではスマホやタブレット、パソコン等で多くの金が利用されていますので、金の需要は高まっているのです。

下のチャートはゴールドドルの月足です。

長期にわたって上げているのが分かります。
長期目線でトレードするのであれば買い主体でトレードするのが良いでしょう。

トレンドが出やすいので基本は順張りでやる

ゴールドは一度トレンドを形成すると、長期間にわたってトレンドが続く傾向があります。

ひとたびトレンドが始まると世界中のトレーダーや実需筋がトレンドに乗ってエントリーしてきます。

反発してもすぐにレートが戻ってきますので、明確なトレンド終了が確認できるまでは、トレンドフォローを心がけましょう。

押し目買いが機能しやすい銘柄ですので、積極的に狙っていきましょう。

ゴールドの値動きの読み方

ゴールドの値動きには、以下の2点の特徴があります。

  • ドルと逆に動きやすい傾向にある
  • テクニカルが良く効く

詳しく解説していきます。

ドルと逆に動きやすい

ゴールドはドルと基本的には逆相関の動きになります。

「有事の金」と言われるように、経済が不安定になったり、何らかのショック時にリスクオフの動きとなった時に値上がりします。

例えば2008年のリーマンショック時や2016年のブレグジットショック時にはゴールドの価格が上昇しました。

その一方でドルはリスクオンの時に買われやすい銘柄です。
この関係性から

  • 米ドルの価値が上がれば、金の価値が下がる
  • 米ドルの価値が下がれば、金の価値が上がる

という傾向になります。

テクニカルが良く効く

ゴールドはテクニカル分析が良く効きます。

ゴールドは投資対象ではありますが、もちろん宝飾品や工業製品などの実需としても取引されています。

相場において実需取引の割合は、投機取引よりも圧倒的に少ないのですが、長期的なトレンドを作るのは実需です。

そして実需取引するにしてもチャートを利用している人は多いため、必然的にテクニカル分析も良く効きます。

特に水平線を使ったトレードは効果的ですので、ライントレーダーにこそゴールドのトレードお勧めしています。

ゴールドでトレードできるオススメFX業者

ゴールドドルはFX業者によってはCFDとして取り扱われることが多いです。

特に国内においてはCFD専用の口座を作らないとトレードできないことが多いですし、更にはレバレッジも低いです。

しかし、海外FX業者だと口座一つ持っていれば普通のFXでもゴールドでも株価指数でも手軽にトレードが出来てしまいます。

しかもハイレバレッジ&追証付きなので、大勝負を仕掛けることも可能(あまりお勧めはしませんが・・・)。

そんなゴールドでの取引可能な海外FX業者の中で特におススメなのが以下の3つです。

どれもゼロカット採用をしており、ハイレバレッジでトレードが可能です。
ゴールドのトレードをしたい方にとっては必須の口座と言えます。

最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

相場のうねりを見事に取れるインジケーターピンバーの中でも最も期待値の高いポイントだけでサインが出るインジケーターです。

おすすめの記事