トレーディングエッジ入門

マネーマネジメントと逆張りの書。ボー・ヨーダーの『トレーディングエッジ入門―利益を増やしてドローダウンを減らす方法』。

著者は、株式、先物、FX、どんな市場でも利益を上げる法則を提示しています。それは本の内容紹介欄の文脈から読み取れます。

  • エッジ(優位性)がなければ、トレーディングはそのコストによって長期的には損失になる。
  • トレーディングのエッジを獲得するためには、マーケットのなかで統計的に優位な「何か」を探さなければならない。
  • 最高のエッジは、トレーダー心理が引き起こすマーケットの転換期に現れる。

つまり、逆張りですね。
この統計的に優位な「何か」を見つけられないままトレードに挑めば、時間の経過とともに資産が減少の一途をたどることになります。

逆にそれを見つけてトレードできたなら、その優位性がマーケットに存在し有効である限り、一貫して利益を上げることができるでしょう。

勝率の高い手法は、一般的に利益率が悪く、利益率の高い手法は、勝率が悪いのが普通です。結局トレーディングは確率のゲームでしかなく、ただそれを「高勝率」と誤認しているトレーダーが多い、ということを著者は言いたいのだと感じました。

基本的にコントラリアンでトレーディングの確率的な側面に興味がある方、今後スキャルピングだけでなく、もっと時間軸の長いトレードを考えている方に特におすすめ。

欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア

『欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア』は、ギャン、ソロスと並ぶ偉大な投機家ジェシー・リバモアについて書かれた本。マーケットの魔術師に登場する多くのトレーダーに支持されている一冊で、トレーダーが直面するあらゆる困難や葛藤、情的な側面を見事に描き切った名作です。

リバモアはピラミッティング(増し玉)を得意とし、昔からある有名な格言「損切りは素早く、利食いはゆっくり」を実践していた人物のようです。トレーダーとしては、リバモアの損切りの早さはもちろん、良いポジションを長く維持するコツを学びたいところです。

本の中で何度か出てくる「最弱抵抗線」という概念、その文脈の周辺ををじっくり読み込んでみてください。スキャルピングに役立つだけでなく、将来的にもっと時間軸の長いトレード形態(スイングトレード、長期投資)に移行したときに役立つかもしれません。

この本はリバモアの波乱万丈の投機人生を追体験できる貴重な書であり、数ある相場本の中でも不朽の名作といえると思います。

世紀の相場師ジェシー・リバモア

「伝説の投機王」リバモアについての本はいくつかあり、上項で『欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア』を紹介していましたが、『世紀の相場師ジェシー・リバモア』は、その本を上回るほどの読み応えがあります。

リバモアの私生活について多くを描いていますが、現代の相場にも充分通用するほどの相場理論、リバモアの相場に対する考え方、感じ方に強く共感できるということは、相場に関わる人間の心理は不変だということなのでしょう。

トレーディングで生計を立てようと考えている方には必読の書だと思います。どんな状況にあっても諦めない心構えが身につく名著。

あなたは今のFX業者に満足していますか?

FXをやるならハイレバレッジ&ゼロカットのXMで効率よく稼ぎましょう。

当サイトよりXMの口座開設をされますと、私の利用しているオリジナルエントリーサインツールを差し上げます。

⇒XMの詳しい解説
⇒エントリーサインツールの詳細
⇒XMの口座開設方法について

 上のリンクをクリックする前に、ブラウザのキャッシュとクッキーを削除される事をお勧めします。
おすすめの記事