私がトレードで勝てるようになったきっかけは色々とありますが、その中でも大きな要因となっているのが「毎日トレードプランを作るようになったこと」だと思っています。

私は主には15分足をトレード足とするデイトレーダーです。
基本的にはその日のうちにトレードが終了しますので、朝にプランを立てて行きます。

今回は私のトレードプランの立て方をご紹介します。

トレードプランの作り方

私なりのトレードプランの作り方をご紹介します。
やり方は色々とあると思いますが、参考にしてみてください。

1.上位時間軸にラインを引く

まず毎朝日足から順に4時間足、1時間足と見ていき、それぞれの足のトレンド方向を確認します。

そして重要と思えるサポートライン・レジスタンスライン、場合によってはトレンドラインも引きます。一例として、本日11月22日のに引いたユーロ円のラインです。(1時間足チャートです)

私は時間足ごとに引くラインの太さと色を変えています。
上のチャートでは水色が日足、赤色が4時間足、1時間足が白にしています。

どの時間軸のラインかが一目で分かると、ラインの重要性が一目で分かりますので、非常に便利です。

執行時間軸を見てプランを考える

上位時間軸のラインが引けたら、最後にトレード足となる15分足を見ます。
11月22日のユーロ円の15分足はこうなっていました。

15分足では、今後の価格の動きを何パターンか想定します。
この日のケースでは、日足の下向きのトレンドラインと、4時間足の上向きのトレンドラインに挟まれてローソク足が上下している状態なので、「レンジになりやすいかな?」と想定しています。

こんな感じで色々なパターンを考えて、どんなところで入るかを考えて行きます。

そしてエントリーする方向とエントリーする価格帯、その価格帯でエントリーするための条件となるロウソク足のパターンについて決めておきます。

これらをノートに書き留めてトレードプランの完成です。
この作業を通貨ペアごとに行います。
最初は時間がかかりますが、慣れるとすぐに終わります。特に毎日相場を見ていると、チェックくらいでで終わることもありますね。

チャンとプランを守ってトレードする

トレードプランが出来上がったら、それに従ってトレードを行うわけですが、重要なのは必ずプランを守るということです。

もちろん、トレード中に臨機応変に対応しなければならないこともありますが、原則はプランを遵守します。
プランを守らなければ作る意味もないですしね。

そして一日の終わりに、その日のトレードプランと実際のチャートの動き、自分のトレードを振り返ることになります。これを毎日行うと、チャートを見る目・相場観が養われると思います。

トレードでなかなか勝ちきれないという方は、是非トレードプランを作ってみてください。

おすすめの記事