トレーダーによって色々と意見はあると思いますが、トレード結果を決めるのはエントリーではありません。利食いや損切りのエグジットです。

含み損益はまだ確定していませんので、感覚として「ふわっと」したものではないでしょうか?
しかし、利食いや損切りをして1つのトレードを終えて「勝てた」とか「負けた」と実感する。

多くの人がエントリーポイントを求めます。
しかし、実はエグジットは同じくらい、いやそれ以上に大事なのです。

今回はついやってしまいがちなチキン利食いの対策方法についてご紹介します。

デイトレやスキャルの利食いは難しい

私は利食いが苦手でした。

本来利食いは、トレーダーにとって最も幸せな瞬間であるはずなのですが、私にとっては、トレードを勉強する過程において身につけるのに最も苦労したのではないかと思います。

まずエントリー後に利益が乗ってくると、逆行する前に利食いしたい誘惑にかられます。

当初の利食い目標には届いていないのですが、「そろそろ寝たくなってきたから」「ロウソク足の勢いが無くなってきたから」などと、何らかの理由をつけて利食いをしてしまうことが多々ありました。

でもそういったときに限って利食い後にバイーンと伸びる(笑)
利食い千人力って嘘じゃない!

そこで私なりに対策をしました。

損切りラインを建値に移動する

これではまずいと思い、「利益が乗ったら損切りを建値に移動する」という事を徹底しました。

これなら逆行しても損をすることはないので、自分でも目標利食い地点まで待つことができるのでは?と思ったのです。

しかし、十分な利益が出ていない状況で、損切りを建値に移してしまうと、結果的に少しの動きで決済にかかってしまい、プラマイゼロのトレードが量産されました。トレード成績は全く改善されませんでした。

これは典型的な損失回避型人間の行動ですね。

とにかくポジションを放置

次に取り組んだことが、とにかくポジションを放置してみるということでした。

エントリーしてポジションを持ったら、損切り注文だけ入れてあとはずっと放置していました。
上手くトレンドに乗ったときに、どこまで伸びるものなのか試してみようという実験です。

当然ながら大損するのは嫌なので、ミニマムロットで行いましたし、雇用統計やFOMC関連等の超重要な指標発表の時期は避けて実践してみました。

すぐに損切りになってしまったり、本来の利食い目標地点まで到達した後に損切りラインまで戻ってきてしまうこともありましたが、とにかく続けてみました。

すると、トレンドに乗れたときには、200pips以上の利益が出ることもあり、これにより焦って利食いしなくとも利益は伸びるということを本当の意味で実感することができました。

また、これによるもう一つの収穫として、チキン利食の割合が減りました。
それまでは利益が乗ったらすぐに利食いしたくなっていたのですが、そのクセが多少なりとも解消されました。

放置プレイを検証すると驚きの結果が!

実際にエントリーしてから利食いを伸ばせば伸ばすほど利益は出やすくなります。

私も様々なEAを作ってきた経験がありますが、利食い目標は遠い方がプロフィットファクターは向上しますし、利益は改善します。

もちろん利食いを伸ばすほど勝率が下がるので、ある程度のポイントで止めておく方が精神的にも楽なのですが、自分のメンタルを改善するために、ポジションを放っておいて利食いを伸ばしてみるという経験は凄く重要だと思います。

私のように利食いが苦手という方は、是非一度ポジションを放置してみてください。
何かが変わるはずです。

ちなみに、いまだに目標地点の前で利食いしたくなることはあるのですが、そういうときはOCO注文を入れてパソコンから離れてしまえばその問題は解決します。こちらも是非試してみて下さい。

おすすめの記事