トレードをある程度経験したことがある人であれば、誰もが資金管理は重要と言います。
また、どの本を読んでも資金管理は重要と書かれています。

当ブログでも、資金管理のテクニックについては色々とご紹介してきました。

そんな重要な資金管理の本質とは一体何なのでしょうか?

資金が増えたらロットを上げて、減ったらロットを下げる

資金管理の本質とは利益が出たらLot数を増やし、損失が出たらLot数を減らすことです。

良い資金管理の条件とは「負けが続くときでも破産しないこと」と、「勝つときには大きく資金を増やせる可能性があること」です。

この条件を満たすためには、「利益が出たらLot数を増やし、損失が出たらLot数を減らす」という逆マーチンゲール法ともいえる資金管理手法をとる必要があります。

マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法とは、負ける度に賭ける資金を倍に上げていくやり方です。
勝率約50%で掛け金の倍のお金が貰えるカジノのブラックジャック等でよく利用されます。

逆マーチンのデメリット

もちろん、この方法にも問題点はあります。

負けているときはLot数を減らしていくため、負けが続いて10%の損失を出したとしたら元の資金に戻すには、10%以上の利益を上げなければなりません。

例えば、100万円の資金で1トレード当たり10万通貨のトレードをした場合を想定します。
負けて資金が減ったときにはLot数を減らしますので、資金が90万円(10%の損失)になってしまったら、1トレード当たり9万通貨に変更します。

すると、負けた時と同じだけの10%勝ったとしても、資金は99万円止まりとなり100万円までは戻りません。すなわちこの方法では、負けを取り戻すのには、負け以上の勝利が必要になり、時間がかかってしまうのです。

これは確かにデメリットではあります。
負けが込んで資金が減ってしまったときには、一気に資金を取り戻すためにLot数を増やしたい気持ちになることもあります。

デメリットはあるが、優位性があれば資金は増える

しかしながら、長期的に見て自分の資金を守るためにも資金管理の本質である「利益が出たらLot数を増やし、損失が出たらLot数を減らすこと」を徹底することが重要です。

期待値がプラスのトレードルールである限り、利益は積み重なるはずです。
1回のトレードで全てを取り戻そうとは思わず、少しずつでも利益を重ねて、それからLot数を増やしていくようにしましょう。

こうすることで、不調の時は損失を最大限に和らげる一方で、好調な時は資金を大きく増やすための複利を味方に付けることが出来るのです!

あなたは今のFX業者に満足していますか?

FXをやるならハイレバレッジ&ゼロカットのXMで効率よく稼ぎましょう。

当サイトよりXMの口座開設をされますと、私の利用しているオリジナルエントリーサインツールを差し上げます。

⇒XMの詳しい解説
⇒エントリーサインツールの詳細
⇒XMの口座開設方法について

おすすめの記事