今回の記事では、XMをはじめとした海外FXの利益に関わる税金および確定申告について解説します。

初めての方は難しいと思われるかもしれませんが、この記事を読めば確定申告や節税方法についてよく理解できると思います。

そもそも確定申告とは?

「確定申告」とは、個人が自分の年間の所得をとりまとめて、1年間でどれだけ稼いだか?を税務署へ届け出ることをいいます。

確定申告の必要な場合は主に次のような方です。

    • 給与から所得税が源泉徴収されていない人
    • 給与所得がある人で他の所得の合計が20万円を超える人
    • 給与の他、年金をもらっている人
    • 不動産の賃貸収入がある人
    • 個人事業を営んでいる人
    • 2以上の会社から給与を得ている人
    • サラリーマンであっても1年間の給与収入が2,000万円を超える人
    • 住宅やゴルフ会員権などを売却して利益が出た人
    • 保険金などの満期金がある人
  • 一般的なサラリーマンの方であれば確定申告をする必要はないのですが、基本的にはそれ以外の所得があれば、確定申告をする必要があると考えてもらって結構です。

     海外FXで出た利益が20万円以上あれば確定申告しなくてはいけません。

    海外FXの課税制度

    海外FXの課税制度は、国内FXや株式や先物などの他の投資商品と違います。
    海外FXは雑所得で総合課税となります。

    海外FXの詳しい税制につきましては、以下の記事をご覧ください。

    海外FXの利益は雑所得になりますので、累進課税です。
    国内FXで出た利益と通算出来ませんし、国内FXのように一律20%程度の税率でもありません。

     この点をしっかりと理解しておかないと、後で痛い目を見ることになりますので注意してください。

    海外FXで支払う税金を減らすには?

    海外FXの分類は雑所得で、「稼ぐほど税率の上がる累進課税」ですが、節税方法はあります。
    それが「必要経費」の計上です。

    トレードをする上で必要だった費用を経費として計上すれば、利益総額から差し引けます。
    そうすれば、利益を少なくして税金を減らす事が可能です。

    節税の必要経費って?

    節税に必要な経費は、公に認められているものだと下記のようになります。

    • 入出金に関する振込手数料
    • 筆記用具などの消耗品
    • パソコンの購入費
    • 新聞代、関連雑誌代などの図書費
    • 電話代、プロバイダ使用料、切手代などの通信費
    • 為替取引会社の社員との軽い飲食代などの会議費
    • 為替セミナー等へ行く際の交通費
    • 個人事業の開業届提出済みの場合、家賃や光熱費等

    XMのゼロ口座の場合は、手数料も当然経費になります。
    つまり、手数料を経費として算出できるので、その分だけ更にお得になります。

    領収書などをしっかりと保存しておこう!

    確定申告で経費を算出する場合は、その根拠となる領収書が必要です。
    領収書は、本当に経費を支払ったことを示す証拠ですから、できる限りもらっておくようにしておきましょう。

    また、しっかりとファイリングして無くさないように注意してください。

     「これは経費になるかな?」と思うような事があっても、とりあえずは領収書をもらっておきましょう。
    使うかどうかは後で判断すれば良いのです。

    脱税はダメ。確定申告は必ずやろう

    海外FXで出た利益は脱税できる。

    何故かこのように勘違いしている人がいます。

    ハッキリ言いますが脱税はできません。
    税務署は、海外送金についても目を光らせています。

    銀行と提携して一定額の送金があればチェックされますし、銀行口座が一気に増えたり、お金の流れが一気に大きくなったりしたら調査をされることになります。

    脱税するなんて邪なことは考えずに、一生懸命トレードで稼いで税金を払う、と考える方が健全です。

    最強のサインツールをプレゼントします。

    このブログをご覧になっている方限定で、私が自作し、実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

    このインジケーターは、「ピンバー」の中でも最も期待値の高いポイントのみでサインが出現します。

    おすすめの記事