FXに関わらず、投資をする上で絶対に忘れてはいけないが税金です。

なぜなら、利益に対する税率のおかげで最終的に手元に残るお金は大きく変わってくるからです。日本人トレーダーでも、この税金を嫌ってシンガポールのようなFX取引に対して税金がかからない国に移住する人もいるくらいです。

では、海外FXの税率は一体どんなモノなのでしょうか?

海外FXの利益は雑所得に分類される!

まず最初に結論から書きますと、海外FXの利益は雑所得となります。

雑所得とは以下のように説明されます。

雑所得(ざつしょとく)とは、所得税における課税所得の区分の一つであって、利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、山林所得、譲渡所得および一時所得のいずれにも該当しない所得をいう(所得税法35条)。

ちょっとわかりにくいかも知れませんが、まぁ所得の一つと考えてください。
大事なのはどうやって税金がかかってくるか?ですので。

雑所得は他の給料等の所得と合計して課税される「総合課税」になります。
つまり、給料が年間で500万円、海外FXで500万円稼いだ場合、合計の1,000万円に対して課税されるのです。

課税額は以下の通りです。

所得が増えるにつれて税率が上がる累進課税となります。
4,000万円を超えると45%の所得税がかかってきます。
日本の税率は高いですねぇ・・・。

海外FXの税金のまとめ

  • 海外FXの利益は雑所得になる
  • 雑所得は他の所得と合計して課税される
  • 税率は所得金額によって異なるが、稼ぐほど多く取られる

国内業者のFXは税率が異なる

海外FXは雑所得になるという話でしたが、これが国内業者のFXの利益となると話が違ってきます。

国内業者のFXの利益は、株式や先物と同じく「申告分離課税」となります。

申告分離課税とは、雑所得のように他の所得と合算して課税されるのではなく、FXならFXだけの利益に対して課税がなされるのです。

しかも税率は一律約20%!
10万円稼いでも、1億円稼いでも税率は2割程度です。

この点は明らかに国内業者の方が有利です。
きっと金融庁が国内業者と海外業者を差別化するために便宜を図っているのでしょう。

国内業者:申告分離課税
海外業者:総合課税

この違いは、利益が大きくなるほどに明確になります。
しかし、総合の年収が900万円超えるまではそこまで大差ありません。

ですから、給与所得500万円の方がFXで300万円くらい稼ぎたい場合は、高いレバレッジも使えてゼロカットも備わっている海外業者の方が良いかと思います。

おすすめの記事