ピンバーというローソク足の形をご存じでしょうか?

ピンバーとは、ローソク足の実体部分は非常に小さく、ヒゲ自体が目立って長い足の事をさします。下に示すような足ですね。

ピンバーは、それまでの流れを変える予兆として知られており、例えば上昇中に上ヒゲの長いピンバーが出現すれば上昇トレンドも終焉が近い・・・と解釈されます。

この効果は結構凄くて、週足や日足レベルともなれば、それだけで勝ててしまうほどです。
スキャルやデイトレで使用する場合は、大きな流れを見たりインジでサポートしてやる必要が出てきますが、それでも非常に有用です。

私自身も、ピンバーを見つけるとテンションが上がります。

ピンバーを見つけるのが難しい?面倒?

ピンバー探しは慣れてくると簡単になるのですが、初心者の方にとっては「どれがピンバーなの?」と悩むことも多いようです。

そこでお勧めしたいのが「pin-bar」という名前のインジケーター。
なんと自動でピンバーが確定したら検出してシグナルで知らせてくれます。

ドル円の日足チャートにpin-barを表示させました。
どうでしょう?良いところで反発していますよね。

目視でのピンバーの判定は実体の大きさだったりヒゲの長さで、人によって微妙に判定が違ってきます。
この辺りが裁量になるのですが、pin-barのインジケーターを利用することで、誰でも簡単に同じところでピンバーを発見することが出来ます。そうです。誰でも簡単に、と言うのがインジケーターを使う大きなメリットです。

ピンバーを見つけたらどう使う?

ピンバーの使い方は大きく3つあります。

・トレンドの押し目や戻りを狙う
・トレンドやレンジからの逆張りに使う
・利食いの参考にする

トレンドの押し目を狙う、というのはトレンド方向を見定めて、その方向のピンバーシグナルが出現したときにエントリーするやり方です。
コレは成功するとリスクリワードレシオが10以上のトレードになったりしますし、勝率もそこそこ高いので私も利用しています。

トレンドやレンジの逆張りは、トレンド中にピンバーが出たら逆張りするやり方です。デイトレレベルだと、トレドラインやレジスタンスラインまで上げてからピンバーが出現したときにエントリーすると勝ちやすいですね。

ピンバーは利食いの参考に大きく役立ちます。
特にトレンドフォローの場合では、トレンド終盤でピンバーが出現すると高確率でトレンドが反転してきます。これを早い段階で確認出来れば、含み損を失うことなく頂点付近で利食いが出来るのです。

ピンバーの認識が出来るだけでトレードは変わるはず

ピンバーとそのインジについてのご紹介でした。

ピンバーは、ローソク足の中でも最も信頼性が高く、エントリー&エグジットの参考に使える足であると私は考えています。

また、ピンバーは他の色々なトレード手法との相性も最高です。
トレンドでもレンジでも、ピンバーが出れば流れが変わりやすい事を知っているだけで、絶好のチャンスでエントリーできたり、天井や底で利食いが出来たりするのです。

ピンバーのテクニックは知っておいて損は無いはずです。

おすすめの記事