スイングとは価格の波動・うねりのことを指します。

別の言い方をすると、チャート上の価格が形成する一つ一つの山や谷がスイングです(スイングトレードのスイングとは異なります)。

これらの各スイングの高値をスイングハイ、安値をスイングローと呼びます。

トレードを行う上で、価格のスイングを見極めることは重要です。

なぜなら、スイングの頂点や底辺が、有力なサポートラインやレジスタンスラインの候補となるからです。

押し目買いや戻り売り、またレンジでの逆張りエントリーをする時にどのポイントでエントリーするのが良いのでしょうか。

これに正解はありませんが、有力な候補となるのは直近のサポートやレジスタンスライン付近でやると、他の多くのトレーダーが注目するレートになりますので、勝率も上がります。

そのため、価格のスイングを見極めることは、サポートレジスタンスになりやすいレートを見つける事が出来ることになります。これができれば、チャート分析力が一段階アップすることは言うまでもありません。

今回はそんなスイングの見極め方をご紹介します。

スイングを見極める方法

それでは次に、具体的な山や谷の見極め方についてですが私の見極め方のポイントは2つあります。

  • 視覚的に見て山や谷だと思えること
  • 最低でも2本以上の陽線もしくは陰線が連続していること

それぞれについて解説していきます。

視覚的に見て山や谷だと思えること

視覚的に」というのは少々曖昧です。
ですが、やはり視覚的に山を描いている、と感じられる動きは大切です。

なぜなら、誰もが「山や谷だな」と思えるスイングほど明確で、その分だけ意識される値動きとなるからです。

これに関しては、自分自身で過去の動きを検証してスイングを感じる必要があります。
しかし、どうしても再現性が高い方法が知りたいと思える方には、MT4に標準で入っているジグザグをオススメします。

ジグザグを使うと、相場の波を自動で検知してラインを引いてくれます。
これなら誰でも同じようにスイングを見分けられます。

ただし、ジグザグも完璧なインジというわけではありません。
リペイントしますので、直近の動きに関しては参考にならないこともあります。

それでも過去の動きからサポレジラインを導き出すこともできますし、検証する際にスイングを把握するのに役立つでしょう。

 初心者の方はジグザグを参考にして波を見ると、スイングがどんなモノかがイメージしやすくなりますのでオススメしています。

最低でも2本以上の陽線もしくは陰線が連続していること

これは文字通りの意味になります。
トレンドの押しや戻りの際に1本だけ反発する足がみられてもそれはスイングとは見なしません。

2本連続陽線もしくは陰線が連続するというのもこれは最低の条件で、できれば3本、もしくは4本以上連続しないとしっかりとしたスイングとして認めないこともあります。

この辺りは、足の大きさも考慮することになります。
例えば、それまでの上昇スイングから一気に逆行するローソク足が2本出現すれば、それは立派な下降スイングとして認められます。

逆に、大きな上昇スイングの中で小さな陰線が2本続いたとしても、それはスイングとしては認められません。そこでラインを引いたら、チャートはラインだらけになってしまいます。

  このようにどうしても「感覚」に頼るのが嫌な方は、ローソク足の本数に加えて、直近のスイングの一番下から上までにフィボナッチを当てて、「○○%まで反転してきたら新しいスイングとして見なす」といったやり方もあります。

オシレーターを使うやり方もある!

もう一つスイングを見極めるテクニックをご紹介します。

それが、オシレーターを利用することです。
ストキャスやRSI、RCIのようなオシレーターは限られた値の中を上下します。

これらが上限から下限に到達したら下降スイング、下限から上限に到達したら上限スイングと見なすのです。

ストキャスティクスを例にご紹介します。

1.ストキャスティクスを表示させる

まずはチャートにストキャスティクスを表示させましょう。

パラメーターはデフォルトでOKです。

 慣れてきたらパラメーターを変更してスイングの幅を微調整していくことも可能です。

2.ストキャスの上限や下限に縦線を引く

次は、ストキャスの上限や下限に縦線を引いていきます。

例えば、一度上限に到達して、中途半端に下げて(下限に到達せずに)再度上限に到達した場合は、スイングは切り替わらないと判断します。

そのため、ストキャスティクスが下限に到達した直前の上限のポイントがラインを引くところになります。

つまり、上昇スイングが終わったとことが分かるのは、ストキャスティクスが下限に到達した時になります。(下降スイングの始まりが分かったときに上昇スイングの終わりが分かる)

3.縦線で分けられたゾーンの高値と安値を結んでいく

この行程は簡単だと思います。
機械的にラインを引いていきましょう。

これが最終的にできたスイングです。
悪くないですよね。

オシレーターを使ったスイングの見極め方の大きな特徴は、無裁量で客観的にやれるという点です。

私もかつてはこのやり方でスイングを見極めていました。
続けていくと自然に波が読めるようになるので、これもオススメです。

スイングの把握は難しいからこそマスターすると強い!

スイングの把握の方法には正解はありません。
いや、常に正しいスイングを知ることは不可能です。

その中でも重要なのは、世界中のトレーダーが意識しそうなポイントに見えるかどうかということです。

チャート上の山や谷の見極め方が良く分からないという場合はまずは皆が意識しそうな、分かりやすいところだけに注目するのが良いかと思います。

そして徐々にスイングを見極める技術を高めていけば、効果的に反発しやすいポイントを見つける事が出来るようになるでしょう。

最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が自作し、実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

このインジケーターは、「ピンバー」の中でも最も期待値の高いポイントのみでサインが出現します。

おすすめの記事