スイングとは価格の波動・うねりのことを指します。

別の言い方をすると、チャート上の価格が形成する一つ一つの山や谷がスイングです(スイングトレードのスイングとは異なります)。

トレードを行う上で、価格のスイングを見極めることは重要です。

なぜなら、スイングの頂点や底辺が、有力なサポートラインやレジスタンスラインの候補となるからです。

押し目買いや戻り売り、またレンジでの逆張りエントリーをする時にどのポイントでエントリーするのが良いのでしょうか。

これに正解はありませんが、有力な候補となるのは直近のサポートやレジスタンスライン付近でやると、他の多くのトレーダーが注目するレートになりますので、勝率も上がります。

そのため、価格のスイングを見極めることは、サポートレジスタンスになりやすいレートを見つける事が出来ることになります。これができれば、チャート分析力が一段階アップすることは言うまでもありません。

今回はそんなスイングの見極め方をご紹介します。

スイングを見極める方法

それでは次に、具体的な山や谷の見極め方についてですが私の見極め方のポイントは2つあります。

  • 視覚的に見て山や谷だと思えること
  • 最低でも2本以上の陽線もしくは陰線が連続していること

視覚的に見て山や谷だと思えること

「視覚的に」というのは少々曖昧です。
ですが、やはり視覚的に山を描いている、と感じられる動きは大切です。

これに関しては、自分自身で過去の動きを検証してスイングを感じる必要があります。
しかし、どうしても再現性が高い方法が知りたいと思える方には、MT4に標準で入っているジグザグをオススメします。

ジグザグを使うと、相場の波を自動で検知してラインを引いてくれます。
これなら誰でも同じようにスイングを見分けられます。

ただし、ジグザグも完璧なインジというわけではありません。
リペイントしますので、直近の動きに関しては参考にならないこともあります。

それでも過去の動きからサポレジラインを導き出すこともできますし、検証する際にスイングを把握するのに役立つでしょう。

最低でも2本以上の陽線もしくは陰線が連続していること

これは文字通りの意味になります。
トレンドの押しや戻りの際に1本だけ反発する足がみられてもそれはスイングとは見なしません。

2本連続陽線もしくは陰線が連続するというのもこれは最低の条件で、できれば3本、もしくは4本以上連続しないとしっかりとしたスイングとして認めないこともあります。

スイングの把握は難しいからこそマスターすると強い!

もちろん、これが正解というわけではありません。

重要なのは、世界中のトレーダーが意識しそうなポイントに見えるかどうかということです。

チャート上の山や谷の見極め方が良く分からないという場合はまずは皆が意識しそうな、分かりやすいところだけに注目するのが良いかと思います。

そして徐々にスイングを見極める技術を高めていけば、効果的に反発しやすいポイントを見つける事が出来るようになるでしょう。

おすすめの記事