今回は、最近になってようやく安定して利益が出だした私の知り合いのトレーダー「N田氏」にインタビューしました。

ちょっと個性的な方ですが、過去の失敗について赤裸々に語ってくれています。

スワップ運用は旨味が減っている

質問
最近はスワップ取引もやっているようですね。

「スワップ狙いは簡単」といわれていますが、実際に運用してどう感じていますか?

回答

通常のトレードが安定してきたので、スケベ心を出してスワップにも手を出しました。
今はスワップ全盛期ではないのですが、少額ながらも利益を出しています。

一応理屈上はスワップは「簡単」に利益を出せますが、リスクを抑えるために業者を変えて両建てしたりすると、一応毎日スワップレートの確認やポジションチェックをしないといけないのが少々面倒です。

スワップレートが変わって両建ての旨味が無くなったら当然決済になりますけど、その際にスプレッド分で大きく利益を削られることもありました。

リーマンショック前とかだったら、スワップ最高だったんでしょうけどね。

今は旨味が減っている感じです。
まぁ上手くやれば預金よりは圧倒的に大きな利回りが狙えますが、あまりお勧めはしません。

ハイレバで一気に増やした経験

質問
N田さんはハイレバトレードで1万円を30万円にまで増やしたことがありましたよね?
あれからどうなったのでしょうか?

回答

確かに1万円を31万円にまで増やした実績はあります。

しかし、その後、ちょっと調子に乗ってしまったおかげで5万円にまで資金が減ってしまいました。この時は精神的にかなりやられてしまいました。

お金が減ったとはいえ、最初よりは利益は出ているんですがね・・・。

それ以来、少し資金管理を見直してリスクを落としてトレードをしています。
長期的に見ると、このやり方の方が安定して多く稼げるような気がします。

口座資金に対して、10%以上も含み損益が上下するような資金管理は精神的にもきついですし。

自分の理想通りに相場は動いてくれないストレス

質問
トレードでストレスが溜まる時は、どんな時がありますか?

回答

スキャルピングでエントリーした瞬間に思いっきり逆行されたり、なかなか貯まらないスワップにイライラしたり・・・・。

なかなか自分の理想通りに相場は動いてくれないのは当たり前なんですが、分かっていてもストレスが溜まりますね。

一番のストレスは、利食い直後にトレンド方向に大きく伸びた時。
一応勝ちトレードなんですが、損した気持ちになりますね。

こんな時にスイッチがカチっと入って、無謀なトレードを始めるきっかけになったりします。

質問
無謀なトレードとはどのようなトレードなのでしょうか?

回答
自分のエントリールールから逸脱したトレードですね。
自分で決めたルールを自分で破ってるんですから本末転倒ですよね。

分かってるです、分かってるんですけど我慢出来なくなっちゃうんです。

自分でも罪悪感とかルールを破っている実感はあるんですが、その衝動を抑えられなかったりするんですよね。

でも、FXでは衝動的に行動してよかった事なんて一度もありませんwww。

基準の無いエントリーはいずれ破滅を呼ぶ

質問
ハイレバトレードでは付き物の強制ロスカットですが、どういった時に強制ロスカットされましたか?

回答

これも目の前の値動きに自制が効かなくなって、衝動的にエントリーした事ですね。

そして損切りできずにナンピンを追加して、それでも戻らずに強制ロスカット・・・。

まぁよくある話です。

やはり過去に検証していないところでのエントリーは百害あって一利なしです。

基準の無いエントリーをしたら、どこで損切りを入れればいいのかもわからない。
だから結果としてクソポジをホールド&ナンピン追加の流れになってしまいます。

これが破滅の要因ですね。
短期間で資金を飛ばす人の大半がこれです。

トレードを繰り返していくうちに、ほとんどの方が「勝率の高いエントリー」というものを研究していくと思います。

自分の中の「勝率の高いエントリー」だけで仕掛けていけばいいのですが、勝率が高くても時には連敗することがあって、そのストレスで基準の無いエントリーのトリガーが引かれることが多いと感じています。

リスクを取る回数が多い人は退場しやすい

質問
N田さんが考える「こんな人は退場になりやすい」というのがあれば教えてください。

回答

まぁ私のような直情的でプッツンしやすい人間でしょうね・・・。

運良く退場までは追い込まれてないですけど、退場要素満載ですから(笑)
具体的に言うとリスクを取る回数が多い人は退場しやすいと思います。

最近ようやく勝てるようになってきているんですが、その要因はリスクを取りすぎないようにしている点だと思っています。

「FXはレバレッジが使えるから低額からも一気に資金を増やせる!」
というのは一つの事実ですが、だれでもそれができるわけではありません。

トレードの技術と、それ以上に強烈な運が伴わなければ無理です。
つまり、普通の人、特に初心者では厳しいと思いますよ。

何事もそうですが、基本はじっくりコツコツと。
ウサギと亀のウサギのように一気にやろうとすると必ず足をすくわれます。

逆に亀のように堅実にコツコツやることで、知識と経験が身について、本当の実力が養われるものだと信じています。

最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が自作し、実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

このインジケーターは、「ピンバー」の中でも最も期待値の高いポイントのみでサインが出現します。

おすすめの記事