本記事では逆張り手法として有名な「タートルスープ」について解説します。

タートルスープは、ブレイクアウトからのダマシを狙う戦略です。
「タートル」という名前からも分かるように、この手法は「伝説の投資集団タートルズ」と関係があります。

今回は「タートルズ?なにそれ?」という方でも分かるように、タートルズの基本から、「タートルスープ」戦略について見ていきましょう。

伝説のトレーダー集団「タートルズ」

1980年代にアメリカの投資家であるリチャード・デニスが同僚のウィリアム・エックハートが、「優秀なトレーダーを育成できるか」という賭けをしました。

  • リチャード・デニスは「優秀なトレーダーは育成できる(トレードに才能は必要ない)
  • ウィリアム・エックハートは「トレードには才能が必要だから、育成できない」

と言うスタンス。

「じゃぁ実際の所どうなの?」
「候補者を集めてトレードを教えて実験してみよう!」

こんないきさつから、二人はトレーダー候補者を募集しました。
複数回の面接を経た後に選ばれたメンバーは「タートルズ」という名前の投資集団として華々しくデビューしたのです。

タートルズの詳細については以下の記事が分かりやすいです。

タートルズの詳細については以下の記事が分かりやすいです。
タートルズの実験から学べることを考えてみよう!【手法・資金管理】

結果的に言えば、タートルズは4年間で1億ドル以上の利益を叩き出しました!

これはとんでもなく凄い数字です。
当時から「タートルズの手法」について議論されていたのですが、後になって判明したタートルズの代表的な手法は「20日間ブレイクアウト(タートルブレイクアウトシステム)」でした。

タートルブレイクアウトシステムとは

タートルブレイクアウトシステムはとてもシンプルな手法で

  • 過去20日間の高値をブレイクしたら「買い」
  • 過去20日間の安値をブレイクしたら「売り」

というルールです。
下のチャートがエントリーポイントです。

表示しているバンドは過去20期間の高値と安値のラインを示します。
価格が前日のバンドをブレイクした所でエントリーとなります。

左から2回目までのエントリーシグナルはダマシになっていますが、3番目のシグナルは大きく取れていますよね。

このように、タートルブレイクアウトシステムは、ひとたび大きなトレンドが来ると莫大な利益が出ます。

その一方で勝率は低く、ダマシが頻発することでドローダウンが大きくなるデメリットがあるのも事実です。

相場の7割程度はレンジと言われていますから、タートルブレイクアウトシステムは、損切りに合うことを前提で仕掛けなければいけない、なかなか辛い手法でもあるわけですね。

タートルブレイクアウトシステム及びこれの元となったドンチャンブレイクアウトシステムについては、以下のサイトで検証してあります。

ドンチャンやタートルズのブレイクアウトシステムは現在の相場でも通用する?

タートルブレイクアウトのダマシを狙う「タートルスープ」

タートルズの「20日間ブレイクアウト」は一度大きなトレンドに乗れたら莫大な利益が得られるものの、頻繁にダマシにあってしまいます。

この事実に好機を見つけたのが、本記事のメインである「タートルスープ」です。

「順張りではダマシが多いなら、逆張りでエントリーしよう」というのが「タートルスープ」の基本的な考え方です。

タートルスープは、高勝率・高リワードを目指します。
そのため、エントリーしたら損切り幅を狭く設定して、短期間で決済します。

場合によっては、エントリーポイントのいくつは、大きなトレンドの転換点となることもあります。

狙ってできることではありませんが、後述の損切りポイントを切り上げる(売りエントリーの場合は切り下げる)ことで、利益を最大化することが可能です。「トレーリングストップ」を活用することになります。

タートルスープのルールについて

タートルスープのルールは以下の通りです。

買いルール

  1. 過去20本の安値を更新する
  2. 過去20本の安値は、現在を含めて4本以上前でなければならない
  3. 過去20本の安値の数pips上に買いエントリーを仕掛ける
  4. エントリー後、エントリーした足の安値の少し下に損切り注文を置く
  5. 含み益が出た場合、逆指値注文を切り上げる

売りルール

  1. 過去20本の高値を更新する
  2. 過去20本の高値は、現在含めて4本以上前でなければならない
  3. 過去20本の高値の数pips上に売りエントリーを仕掛ける
  4. エントリー後、エントリーした足の高値の少し上に損切り注文を置く
  5. 含み益が出た場合、逆指値注文を切り下げる

それではロングエントリーまでの流れについて解説します。

1. 過去20本の安値を更新する

「過去20本の安値を更新する」は、現在の足を含めて20本になります。

2. 過去20本の安値は、現在を含めて4本以上前でなければならない

過去20本の安値が近すぎた場合、勢いが強いのでエントリーしない方が良いと言うことになります。

今回のケースでは6本前なのでエントリー可能です。

3. 過去20本の安値の数pips上に買いエントリーを仕掛ける

過去20本の安値の少し上まで戻したところでロングします。

4. エントリー後、エントリーした足の安値の少し下に損切り注文を置く

エントリーしたら、その足の安値に損切り注文を入れます。

5. 含み益が出た場合、逆指値注文を切り上げる

逆指値注文の切り上げ方は裁量になります。前日の安値や一定pipsなどを目処にしてみましょう。

タートルスーププラスワンについて

タートルスープ・プラス・ワン戦略は、タートルスープを改良したものです。

プラスワンの名前の通り、タートルスープの1本後に売買すること以外、ほとんど変わりはありません。

タートルスープは、過去20本の安値を更新したあと、その日のローソク足でトレードするルールです。
しかし、タートルスープ・プラス・ワンでは、過去20本の安値を更新したのが確認されたあと、その次のローソク足でトレードすることになります。

つまりは、安値を更新した足が確定した次の足で仕掛けます。

そのため、ダマシが少なくなり、エントリーの精度が上がると個人的には思っています。
特にFXではタートルスーププラスワンの方が合っています。

興味のある方はこちらの方を試すことをお勧めします。

最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

相場のうねりを見事に取れるインジケーターピンバーの中でも最も期待値の高いポイントだけでサインが出るインジケーターです。

おすすめの記事