日本では国内業者=安全、海外業者=危険、といった認識をされていることが多いです。

確かにそれはある意味事実で、国内業者は顧客の資金を守るために信託保全が義務づけられていますが、海外業者の中には顧客の資産を運転資金にしているところもあります。(仮想通貨業者のコインチェックもコレをやっていました)

しかし、だからといって全ての海外業者が顧客の資産を勝手にリスクにさらしているわけではありません。特にXMはしっかりと保全されています。

今回は、

  • XMの顧客資産はどのようになっているのか?
  • もしXMが破綻した場合、私たちの預けていた証拠金はどうなるのか?

について解説していきたいと思います。

分別管理と信託保全について

FX業者の顧客の資産の管理方法には大きく3つあります。

  • 分別管理
  • 信託保全
  • ごちゃまぜ

それぞれについて解説していきます。

分別管理とは

分別管理とは、顧客から預かった証拠金を自社の運営資金とは別に運用することです。

もしFX業者が破綻してしまった場合は、分別管理先の資産も差し押さえられてしまう可能性があります。そのため、もしもの時に証拠金が返還されないリスクがあります。

信託保全とは

信託保全とは、FX業者が顧客から預かった証拠金を信託銀行に信託することです。
信託保全されていれば、もしFX業者が破産したとしても、信託されている資金は業者の運営資金や精算費用に充てられたり差し押さえられてしまうリスクは無くなります。

そのため、もしもの時は顧客にしっかりと証拠金が返還されます。

 日本のFX業者は信託保全が義務づけられています。

ごちゃまぜ

「ごちゃまぜ」という言い方が正しいのか分かりませんが、FX業者の運営資金と顧客から預かった証拠金を分けずにごちゃまぜにすることです。

恐らく世界中のどの国の金融ライセンスも「ごちゃまぜ」は禁止していることでしょう。
なぜなら、顧客の資産を運営資金に利用することができますし、資産管理が不透明になるからです。

もちろん破綻時に証拠金が返ってくる事はほぼありません。

こんな業者あるのか?と思われるかもしれませんが、現実としてあります。
特にどの国の金融ライセンスも持っていない海外業者だと、実は「ごちゃまぜ」だった・・・と言うこともあるのです。

このような業者は出金拒否をしたり、突然営業を停止して顧客の資産ごとトンズラしますので要注意です。

XMの顧客資産は分別管理+保険

では、XMの場合はどのような資産管理になっているのかというと、分別管理です。

え?大丈夫?

と思われるかもしれませんが大丈夫です。
分別管理に加えて、保険にも入っているので万が一の時も大丈夫です。

更に詳しく解説

XMの日本人用の口座は、セーシェルにて管理されています。

セーシェルの口座はイギリスのバークレイ銀行に分別管理されており、もしXMが倒産した場合でも顧客の証拠金は残高ベースで保証されることになっています。

もちろんあくまでも分別管理ですので、もしXMが破綻してしまった場合は、顧客の資産も一部差し押さえられてしまうリスクが伴います。

しかし、XMのセーシェル口座ではAIGの保険に入っており、万が一の場合は100万ドルの補償がされます。つまり、もしXMが破綻してしまい、分別管理してある顧客資産の一部が差し押さえられてしまったとしても、AIGの保険で補填することができるのです。

以上を考えると、XMの顧客の資産管理は日本の国内業者と同等レベルであると言えます

バークレイ銀行<とは
バークレイ銀行はイギリスの本社があり、世界40カ国に支店を持つメガバンクです。
AIGとは
AIGは(アメリカン・インタナショナル・グループ)のことで、アメリカに本社を置く超優良の保険会社です。
日本でもAIG損害保険という名前で保険サービスを展開しているので知っている人は多いと思います。

XMにはキプロスで管理されている口座もある

ここからは余談ですが、XMの運営会社はTrading pointとTradexfin Limitedの2つがあります。

これらの関係性は以下の通りです。

運営母体:Trading point(キプロス)
日本人用のXMの運営会社(子会社):Tradexfin Limited(セーシェル)

運営母体のTrading pointは、キプロスに本拠地を置き主にヨーロッパ顧客向けのXMというブランドのFXを提供しています。

Trading pointは、イギリスのFCAやキプロスのCysecなど世界的にも非常に取得難易度の高いライセンスを持つ優良企業です。

元々は日本人向けのXMもTrading pointが提供していたのですが、2016年にセーシェルにあるTradexfin Limitedに移されました。

この理由はユーロ圏でもFXに対するレバレッジ規制が厳しくなったからです。
ヨーロッパ各国に金融ライセンスを持つTrading pointもレバレッジ規制に従わざるを得ず、XMの魅力の一つであるハイレバレッジでのトレードが提供できなくなりました。

そこでXMは規制の弱いセーシェルのライセンスを持つ法人で日本人向けにサービスを提供することになりました。

このような流れはXMに限った話ではありません。
どの海外FX業者もヨーロッパ圏のレバレッジ規制のおかげで規制が弱めのタックスヘイブンに一部法人を作って、そこからハイレバレッジのFXを提供しているのが現在の流れです。

キプロス法人でもセーシェル法人でも問題はない

日本人顧客の証拠金は、イギリスのバークレイ銀行に分別保管されており、万が一の時も証拠金ベースで投資家に資金が戻ってきます。

もしコレで足らなくてもAIGの保険や、他の銀行保証によって投資家の資金は守られます。

そもそもXMは世界中の国々で金融ライセンスを持つ証券会社です。
ヤワな体力ではありませんし、信頼と実績もあります。

更に十分過ぎるほどの顧客の資産を保全していますので、安心してトレード出来る業者であると言えます。

最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が自作し、実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

このインジケーターは、「ピンバー」の中でも最も期待値の高いポイントのみでサインが出現します。

おすすめの記事