VPSにMT4をインストールしたら次はEAを入れて稼働させましょう。

本記事ではMT4にEAをインストール&稼働する方法について解説していきます。

VPSにEAのファイルを移す

VPSを使ってMT4の自動売買をしたい方はここから始めます。

本記事では、「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」を例にご自身のパソコン内にあるEAをVPSに移す方法を解説します。

まずはVPSのデスクトップ画面の一番下の「ウィンドウズボタン」をクリックます。
アプリケーション一覧が出てきますので、「Windows システムツール」⇒「PC」とクリックしていきます。

 

PCをクリックしたら、VPSのいわゆる「マイコンピュータ」画面が出ます。
(最近ではマイコンピュータではなくPCという名前になっているようですね)

マイコンピュータ内のローカルディスクの下にドライブとフォルダーが表示されます。
これが、現在あなたが使用しているパソコンのフォルダになります。

これらをクリックして、EAを選択してVPS内の適当なところにコピペして移してやりましょう。

 この工程で、ご自身のパソコンからVPSへEAを移行できました。

MT4へのEAの導入方法

EAをVPSへ移行したら、次はMT4にインストールします。

注意
VPSにXMのMT4をインストールしていない場合はここでインストールしましょう。
インストール方法は以下をご覧ください。

VPSでXMのMT4のインストール方法

VPSのMT4の一番左上の「ファイル」⇒「データフォルダを開く」と進みます。

 

MT4を構成するフォルダ一覧が出ますので「MQL」をクリック。

 

MQL内の「Experts」フォルダの中にEAを入れてやります。

終わったらMT4を再起動します。

EAの稼働方法

再起動したら、MT4のナビゲーター内の「エキスパートアドバイザ」内にインストールしたEAがあるか確認してください。

自動売買をしたい通貨ペア・時間足のチャートを開いて、そこに先ほどインストールしたEAをドラッグアンドドロップします。

 

以下のようなプロパティ画面が出ますので、

  • 自動売買を許可する
  • DLLの使用を許可する

の二つにチェックを入れてOKをクリックしてください。

 

MT4のデフォルト設定の場合だと、この時点ではEAを入れたチャートの右上にちょっと不満げな顔のマークが表示されます。

これは、「EAはチャートに入っているけど、稼働はしていないよ!」と言うマークです。

 

このままでは自動売買できませんので、設定を変更していきます。

MT4上部の「ツール」から「オプション」をクリックします。

 

その中の「エキスパートアドバイザ」タブをクリックして

  • 自動売買を許可する
  • DLLの使用を許可する

の二つにチェックを入れます。

 

最後に、MT4上部にある「自動売買」をクリックしてアイコンの色が緑色になるようにします。

 

ここまで終わると、EAを入れたチャートの右上のマークがにっこりとしているはずです。

ニコニコマークが出た時点でEAは動いていますので、注意してください。
また、EAを一時停止したい場合は、MT4上部の「自動売買」をクリックしてアイコンを赤色に変えます。

最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が自作し、実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

このインジケーターは、「ピンバー」の中でも最も期待値の高いポイントのみでサインが出現します。

おすすめの記事