MT4でEAを利用して自動売買をするために欠かせないのがVPSです。

本記事では、これまでに国内海外含めて様々なVPSを利用してきた私が最もお勧めする「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」について詳しく解説していきます。

VPSを知らない!」「VPSって難しそう」と思っている方にも分かりやすく説明していきますので、是非ご覧ください。



MT4で自動売買をする際にVPSが必要な理由

EAを使うなら24時間パソコンを起動しておくのが大前提

EA(Expert Advisor)を利用してMT4で自動売買をする場合、「4時間常にパソコンを起動してインターネットに接続する」ことが大前提となります。

EAはプログラムに従って常に取引チャンスを伺っています。
そんな時に、もしパソコンが起動していなかったり、ネットに繋がっていなかったら機会損失になります。

また、EAを使って既にポジションを持っている際にパソコンが落ちていたら取り返しのつかない大損害につながることもあります。

家のパソコンを使って24時間パソコンを起動してネットに接続しておくことも不可能ではありませんが、停電やネット接続の不調、パソコンの突然の故障など、自動売買に多大な影響を及ぼすリスクをはらんでいます。

また、24時間常にパソコンの電源を付けていたら、当然電気代もかかりますし、パソコンの寿命も縮みます。

自動売買は「ほったらかしで簡単」とは言われますが、実は前もって対策を取っておかないといけないこともあるんですね。

そういった心配事やリスクを無くしてくれるのがVPSです。

VPSとは?

VPSとは、Virtual Private Server(仮想サーバー)と呼ばれるもので、簡単に言えば「ネットを通じで遠隔で操作できるレンタルパソコン」です。

地震や停電に強く、ネット環境やセキュリティが万全なパソコン(VPS)をレンタルして、それにMT4を入れてEAを稼働させる・・・というのが現在の自動売買の主流なのです。

VPSは非常に強いセキュリティに守られており、インターネット接続や突然のクラッシュなどの可能性が限りなく低くなるように作られています。

自分のパソコンやスマホからいつで接続&操作が可能で、自分のパソコンの電源を落としても、VPSは起動した状態をキープしてくれます。

つまり、VPSさえあれば、あなたは安心して自動売買をすることが出来るのです。

お名前.com デスクトップクラウド for MT4がベスト

VPSを提供するサーバー会社は世界中に存在しますが、私がこれまで10社以上のVPSを利用してきた中で最も使いやすくコストパフォーマンスが高いと感じたのがお名前.com デスクトップクラウド for MT4です。

理由は以下の3つです。

お名前.com デスクトップクラウド for MT4のメリット
  • トラブルが本当に無い
  • 使い勝手が良い
  • コスパが高い

お名前.com デスクトップクラウド for MT4は、その名前の通りMT4自動売買専用のサーバーです。

VPSは自動売買以外でも使用されるサーバーですが、お名前ドットコムはあえて「MT4専用」とすることで、トレーダーにとって使い勝手のいいシステムにしてくれています。

そして何と言っても安いです。
他のサーバー業者と比べても、性能は高いのに価格はお手頃を実現しています。

お名前ドットコムのVPSのプランは色々とありますが、上記が一番安いプランです。

月額2000円以下でネット付きのパソコンがもう一台借りれると思えば、かなり安いと思いませんか?

 後述しますがここで重要視すべきなのが価格とメモリになります。

お名前.com デスクトップクラウド for MT4の使用例

VPSってどんなものか分かったけど、イメージがつかない・・・

と思う方も多いはずです。リモートで操作できるもう一つのレンタルパソコンと言っても、実際に使ってみないと分かりにくいですからね。

ここで一例として、実際に私が利用している環境をご紹介します。

パソコンのデスクトップ画面の真ん中にもう一つデスクトップ画面がるのが分かるでしょうか?

外枠のデスクトップ画面は私のパソコンのものです。
そして真ん中のデスクトップ画面はVPSのデスクトップ画面です。

VPSのデスクトップ画面は、自分のパソコンから遠隔操作することになりますが、普通のパソコン操作と同様にマウス操作で可能です。何も難しいことはありません。

VPSのデスクトップからGoogle Chromeを使ってネットサーフィンもできますし、MT4を操作することもできます。本当にもう一台のパソコン感覚です。

VPSは24時間シャットダウンされることなく、常にネットに繋がっていますので、常にEAを稼働し続けることが出来るのです。

どのプランが良いの?

お名前.com デスクトップクラウド for MT4には4つのプランがあります。

4つについて表にして比較しました。

 1.5GBプラン2GBプラン4GBプラン8GBプラン
価格1,353円1,793円3,311円4,928円
メモリ1.5GB2GB4GB8GB
vCPU2コア3コア4コア8コア
MT4推奨数1個2個4個8個

プランを選ぶ際に一番に考慮すべきなのが「MT4をいくつ稼働して自動売買するか?」です。

MT4を同時に複数個起動して自動売買をすれば、それだけパソコン(VPS)の負荷が大きくなります。パソコンの負荷が大きくなると、MT4の動きも重くなり、自動売買のタイミングに遅れが生じて、パフォーマンスに大きな影響をきたすことがありますので要注意です。

そのため、必ず事前にどれくらいの数のMT4を稼働するかを考えてプランを選びましょう。
同時に稼働できるMT4の数は、VPSのメモリの大きさに比例します。(ついでに価格も比例します)

これからEAを使った自動売買をやってみたいという方は、1.5GBプランか2GBプランをお勧めします。慣れてきてもっと多くのMT4を稼働させたくなったら、簡単にプランのグレードアップが可能です。



基本は1つのMT4で一つのEAを稼働

1つのMT4では、同時に複数個のEAを稼働することが出来ます。
つまり、MT4推奨数が1個の1.5GBプランであっても、1個以上のEAを使えるわけですね。

これはMT4の仕様として問題ありません。

ただし、注意しておいてほしいことがあります。
EAの種類によってはMT4に大きな負荷をかけるものがあります。

このようなEAを1つのMT4で同時に稼働させれば、メモリ不足となる可能性が生じてトレードのパフォーマンスに重大な影響を与える可能性があります。

また、MT4は同時に複数の注文が出せません。
例えば、2つのEAが同時に同じタイミングでエントリーシグナルを出しても、2つが同時にエントリーするのではなく、片方がほんの少し遅れてエントリーすることになります。

1つのMT4で複数個のEAを稼働する際は、EA同士の癖や負荷を考えた上で利用してください。

例えば、高頻度でエントリーとエグジットを繰り返すタイプのEA2種類を、1つのMT4内で同時で稼働するのは望ましくありません。なぜなら、同じタイミングで注文が入る可能性が高く、それが損失の要因になるからです。

一方で、長期のポジションを持ち、それほどエントリーの頻度のも少ないものであれば、1つのMT4であっても同時に複数個稼働させても問題ないでしょう。

 トラブルを避けるため、サーバー業者は1つのMT4で1つのEAを稼働することを推奨しています。

VPSでXMのMT4のインストール方法

お名前.com デスクトップクラウド for MT4」はMT4専用のVPSなので最初から各業者のMT4をインストールすることが出来ますが、XMはそのリストに入っていません。

XM版のMT4をインストールする方法について解説します。

まずはVPSにログインして操作できる状態にします。

そしてVPS内に最初からインストールしてあるブラウザを立ち上げて、以下のリンクに飛びます

https://www.xmtrading.com/jp/mt4

XMのプラットフォームダウンロードページに飛びますので、「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてMT4をインストールします。

インストール後は、ご自身のXM用のIDとパスワードを入力してMT4にログインしましょう。

まとめ

今回の記事では「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」についてご紹介しました。

特に大きなこだわりが無ければ、とりあえず最初に契約することをお勧めするVPSがお名前.comです。

自分でも使えるか不安な初心者さんであっても、分かりやすい解説やプラットフォームのおかげでスムーズに使えるような設定になっています。

自動売買を始めたい方にぜひお勧めします。



最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が自作し、実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

このインジケーターは、「ピンバー」の中でも最も期待値の高いポイントのみでサインが出現します。

おすすめの記事