オズの実践トレード日誌

『オズの実践トレード日誌 ― 全米ナンバーワンデイトレーダーの記録公開 (ウィザードブックシリーズ)』 は、デイトレーダー「トニー・オズ」がそのトレード記録を公開した本です。

オリバー・ベレスの『罫線売買航海術』にも通じた内容ですが、よりシンプルな手法だと感じました。

ポイントは、トニー・オズのトレード手法は支持線(サポート)と抵抗線(レジスタンス)を使った単純なものだという点でしょう。大まかな仕掛けのパターンは次の二点です。

  • ブレイクアウトで買い
  • 支持線付近での反発を見ての買い

というものです。トニー・オズは本書のトレード期間において、「空売りをしない」という制約があったにも関わらず、大きな下げ相場の中でも安定した利益を上げています。

その他には「バスケットトレーディング」という興味深い手法が紹介されています。

まず強いセクターを探し、次に、そのセクターの中でさらに勢いのある株を複数銘柄取引する方法
「強いセクターは買い」「弱いセクターは売り」と、トレンドに逆らわないトレードを勧めています。

支持線と抵抗線の具体的な見つけ方など、実戦的な要素をじっくり学べる本です。

1000%の男

『1000%の男 ― 先物チャンピオンシップ奇跡の売買法』は、2001年に開催された「ロビンス-タイコム先物チャンピオンシップ」において1098%のリターンを上げて優勝したFairyさんと、665%のリターンを上げて準優勝した炭谷道孝さんのトレード日誌です。

巻末には詳細な売買記録も収録されています。

日誌と売買記録を見ると、炭谷さんのほうはかなりシステムトレードの色彩が強いながらスキャルピングらしきトレードも多く、スキャルパーには参考になります。

一方のFairyさんのほうは、日誌に「サイン」という単語が時々出てくるため、システムを用いているのかと思いきや、読み進めるうちにほとんどのトレードを裁量でやっている印象を受けました。

Fairyさんはブレイクアウトを利用したトレードで大きく利益を上げていたようです。2001年当時と現在の相場環境は大きく異なるとはいえ、このあたりトレンドが出やすい商品相場ならではと感じました。

商品先物市場のトップトレーダーたちの心理・思考が伝わってくる良書。

ピット・ブル

ピット・ブルは、マーケットの魔術師にも登場するチャンピオントレーダー、マーティン・シュワルツがトレーダーとして成功するまでの自伝。

彼の手法はデイトレード、「ポジションの保有期間は5分以内が一番多い」とのことなので、とりわけスキャルピングに分類されるものでしょう。

ただし、その手法による成功は、第一に「彼の性格がスキャルパーに向いていたこと」、第二に「徹底した準備」があるようです。各市場の騰落率などの指標に気を配り、値動きを10分ごと、30分ごとにノートにチェックしています。

そのような手作業をすることによって、市場の動向が判るようになってくる、カンが働くようになってくるそうです。

本の後半は『シュワルツの売買テクニック』が記されています。彼のやり方は全般的にトレンドに逆らわない手法を取り、10日移動平均線のような短期のツールでトレンドを判定→買いで入るか売りで入るか決める、という感じ。

トレードの道具、どのように個別銘柄を売買するのか、どのように先物売買をするのか、売買の秘訣、チャート上の窓について、三日ルール、新高値・新安値についてなど、貴重な解説をしてくれます。

日経225先物(mini)や個別株のスキャルパーにおすすめの一冊です。

あなたは今のFX業者に満足していますか?

FXをやるならハイレバレッジ&ゼロカットのXMで効率よく稼ぎましょう。

当サイトよりXMの口座開設をされますと、私の利用しているオリジナルエントリーサインツールを差し上げます。

⇒XMの詳しい解説
⇒エントリーサインツールの詳細
⇒XMの口座開設方法について

 上のリンクをクリックする前に、ブラウザのキャッシュとクッキーを削除される事をお勧めします。
おすすめの記事