当サイトよりXMの口座開設をされた方にプレゼントしている、私が開発したオリジナルインジケーター「morisig」。既に多くの方から「使える!」という声を頂いています。

今回は直近の相場でどんなサインを出したのかをご紹介します。

ユーロ円1時間足のチャートです。
3月7日のECBで暴落する前にサインが点灯して、急落を予知しました。

 

ユーロ円4時間足のチャートです。
2月終盤の上昇トレンドの押し目いポイントでサインが出ています。

 

ポンド円1時間足のチャートです。
こちらは下降トレンド中の戻り売りポイントでサインが点灯しています。

 

豪円1時間足チャートです。
下げの中のレンジでサインが点灯。その後は下げています。

 

豪円4時間足チャートです。
相場のスイングを見事に捉えています。

 

なぜmorisigは精度が高いのか?

morisigの精度が高い理由は、シグナルの頻度を絞っているからです。

基本はピンバーですが、様々な条件を加えることでピンバーが本当に機能しやすい相場の時しかサインが出ないようにしています。

ローソク足のプライスアクションは市場参加者の心理を反映します。
つまり、それをベースとするmorisigは今後も機能し続けると言えます。

これからも定期的にmorisigのパフォーマンスについて検証していきたいと思います。

最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が自作し、実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

このインジケーターは、「ピンバー」の中でも最も期待値の高いポイントのみでサインが出現します。

おすすめの記事