腹の中から湧き上がってくる怒りに任せたトレードを行った経験はありませんか?

人間は喜怒哀楽の感情がありますが、トレードをやっていると、それらが頻繁に切り替わります。

勝ちトレードが続いて「やった!」と思った矢先、次のトレードで大負けしてそれまでの利益を全部吐き出して、怒りや悲しみの気持ちに急変したり・・・。

今回はその中でも最も危険な怒りに焦点を当てて考えていきます。

最初に、あるあるな例を紹介して、それの何がいけないのか、またはどの様にすれば改善する事ができるのか、順を追って解説していきます。

怒りのトレード

最初に質問です。

これまでのトレード経験の中で、怒りに身を任せた結果、想定外の損失を出した経験はありませんか?

FXを始めた人の全ての人がこのような経験があるのではないでしょうか?

人は怒りによって我を忘れて、攻撃的になります。
FXの場合は、攻撃の対象が相場になるわけですが、ほとんどの場合で返り討ちとなってしまうのが現実なのです。

怒りは人生を悪い方向にもっていく
余談ですが、FXに限らず「突発的な怒り」による行為によって、良いことはまず無いという統計が出ています。

つまり、ついカーッとなって何かをやる行為は、自分自身にとって悪いことばかりなのです。カーっとなった時は自分を制止して、できるだけ冷静になるように努めましょう。

そうするだけで、人生を良い方向に進められます。

怒りでトレードをしてしまう例

まずは例として、経済指標発表後の値動きを予測したとします。
実際の指標発表時、予測した通りの結果だったにも関わらず、相場は予想と逆の動きとなりました。

この時、自分の予測が的中したにも関わらず、相場の動きが違うことに疑問を感じます。

は?何で?何で?意味わからん。

こんな感じです。

ただ疑問を感じるだけならまだしも、すでにポジションを持っていると、損失が出ている状態になっています。

その様な場合に、すぐに損切できる人ならまだしも、損切ができない人が大半です。そして損失が拡がるにつれて、姿を現してくるのが焦りと怒りです。

損失が拡がった結果、含み損に耐えられずに損切をします。しかし、損をした人間は躍起になり、その損失を取り返そうとトレードを繰り返します。

これがまさに怒りのトレードです。
怒りのトレードをすると、まず損失につながるのです。

怒りのトレードの問題点

怒りに身を任せたトレードの問題点は、怒りに身を任せる、もしくは躍起になってトレードをすることで、普段通りのトレードをしていれば無かったであろう損失を生み出すことです。

例えば、パチンコ・スロットなどで損失が出た時、多くの人が取り返そうと躍起になります。その結果、損失がもっと増えて財布の中が空っぽになるのと同じです。

ギャンブルの経験がある方であれば、誰でも1度はこのような経験をするかと思います。しかし、ことFXにおいては、一般的なギャンブルとは違って動かすお金が多くなるため、最悪の場合自分の資産の殆どを飛ばしてしまう事にもなるのです。

もちろん、自分が証券会社に入れている金額以上に損失に繋がってしまうという可能性は低いですが、100%そうならないとは言えないので注意が必要です。

そして、普段しっかりと資金管理・リスク管理を行った上で取引をしている方であっても、「怒り」という感情に流されてしまう人は多いのが現実です。

「怒り」というのは、人間の持つ重要な感情の一つでもあるので、その感情自体は自然に生まれます。
この様な事を前提とした上で、自分がトレードしている時に、「怒りの感情」が出てきてしまった時の対処の仕方次第で、トレード結果を大きく変えることができるのです。

トレードで勝てている人は、トレード中の自分の感情の動きについて敏感に察知します。
そして、感情の対応方法まで熟知しています。

つまり、相場だけでなく自分自身についてもよく観察しているのです。

怒りの対処法

怒りの対処方法は、ものすごく単純です。
以下の2つの対処方法さえマスターできれば、怒りも怖くありませんん。

  • 怒りが込み上げてきた時はトレードを終了する
  • 怒りを生みそうな相場ではトレードしない

怒りが込み上げてきた時はトレードを終了する

怒りがこみ上げてきた時はさっさと損切して、その日または完全に冷静さを取り戻すまでトレードを休止しましょう。

まず損切りができないという方であれば、エントリーをする前に予め損切りポイントを決めて注文を出しておけば、自分の感情に関係なく機械的に損切りできます。今までにそうした事をした事がない方であれば、次のトレードから決済の逆指値注文を入れておきましょう。

そして、損切りをした後に取引に参加できなくするために、スマホまたはパソコンの電源を一度切りましょう。トレードが行えない状況を作り出すことで、その後の取引を強制的に行えなくすることで、冷静になるまでの時間を作る事ができます。

その他には、家の外に出て一服したり、ランニングに行くなど、怒りを発散しましょう。

怒りを生みそうな相場ではトレードしない

経済指標の発表時など、怒りを生みそうだったり、躍起になりそうな相場の時はトレードをしないようにしましょう。

そもそもトレードしなければ、怒りを生み出しません。
さらに金銭的なリスクもありません。

相場の変動が激しい時などは、多くの利益を得ることができるかもしれませんが、それと同時に多くのリスクを抱えているのです。

そのような相場に参加する=ギャンブルをやっているようなものですよね?

ギャンブル感覚でやっている部分が少しでもあるからこそ、「怒り」という感情が生まれる可能も高くなるのです。そんなトレードをし続けて継続的に利益を出すなんてことはまずありえません。

経済指標の発表時などは取引を行わないという事をお勧めします。

しかし、自分の売買ルールのポイントがその時と被ったという場合にはエントリーしましょう。
理由は相場の変動に左右されてエントリーする訳ではないからです。

自分のルール上エントリーをするだけなので、損切のポイントが来たら損切すればいいだけです。

少し難しいとこではありますが、自分のルールに従って冷静な取引場合と、指標発表時の変動だけに期待して取引場合では、意味合いが全く異なります。勘違いしないように気を付けましょう。

上記の方法以外にも、怒りの沈め方は人それぞれだと思いますので、自分に合った方法を試してみて下さい。

怒りを飼い馴らそう

今回の記事ではトレードに付きまとう「怒り」の感情の対処方法の解説でした。

怒りの状態にあるときは絶対にトレードをしてはいけません。

そのためには、まずは自分が怒りの状態にあるのかどうかを知ること、そして怒りそうな状況にあるかどうかを事前に確認しておきましょう。

そしてもう一つ大事な考え方があります。
それは「相場に期待しない」です。

相場に対して何らかの期待があるからこそ、それが裏切られたときに怒りが芽生えます。ならば最初から期待なんてしなければいいのです。期待しなければ怒ることもありません。

怒りが発生しないような相場との付き合い方、怒りが出てきても相場から離れられる技術。これらが身に付けば、もう大損する可能性はほとんどないと言っていいでしょう。

最強のサインツールをプレゼントします。

このブログをご覧になっている方限定で、私が自作し、実際のトレードで使用しているサイン型インジケーターをプレゼントします。

このインジケーターは、「ピンバー」の中でも最も期待値の高いポイントのみでサインが出現します。

おすすめの記事